v2ray インストール【マルチプロトコルプロキシ】

v2ray アイキャッチ

中国のファイアウォール対策にはVPNやShadowSocksなどがあります。

 

複数のプロトコルを利用できる「v2ray」のインストール、利用手順を紹介していきます。

Link v2rayProject V

 

利用環境

Ubuntu 16.04

今回はVPSのUbuntuにv2rayをインストールして、PCやスマホのアプリで接続していきます。

 

v2rayは幅広い端末に対応しているようです。

  • Windows 7 and later (x86 / amd64)
  • Mac OS X 10.10 Yosemite and later (amd64)
  • Linux 2.6.23 and later (x86 / amd64 / arm / arm64 / mips64 / mips)
    • Including but not limited to Debian 7 / 8, Ubuntu 12.04 / 14.04 and later, CentOS 6 / 7, Arch Linux
  • FreeBSD (x86 / amd64)
  • OpenBSD (x86 / amd64)
  • Dragonfly BSD (amd64)

v2ray インストール

このコマンドを入れるだけでインストールされます。

SSH

# bash <(curl -L -s https://install.direct/go.sh)

設定ファイルが 「/etc/v2ray/config.json」にあるので編集します。

プロファイルを編集

SSH

vim /etc/v2ray/config.json

 

編集が必要な部分は赤字のポートと、UUIDです。

UUIDは Online UUID Generator で作成できます。

コピペでUUIDを貼り付けてください。

UUID ジェネレータ

config.json

{
  "inbounds": [{
    "port": 15030,
    "protocol": "vmess",
    "settings": {
      "clients": [
        {
          "id": "6cbaa0e1-f260-45b5-9b63-7df66c69ffe3",
          "level": 1,
          "alterId": 64
        }
      ]
    }
  }],
  "outbounds": [{
    "protocol": "freedom",
    "settings": {}
  },{
    "protocol": "blackhole",
    "settings": {},
    "tag": "blocked"
  }],
  "routing": {
    "rules": [
      {
        "type": "field",
        "ip": ["geoip:private"],
        "outboundTag": "blocked"
      }
    ]
  }
}

v2ray 操作

SSH

# 有効化 / 無効化
systemctl enable v2ray
systemctl disable v2ray

SSH

# 起動 / 再起動
systemctl start v2ray
systemctl restart v2ray

 

firewalldやufwなどで指定したポートを開けておきます。

SSH

firewall-cmd --permanent --add-port=15030/tcp
ufw allow 15030

PCやスマホからv2rayにつなぐ

Windows

Link v2ray-windowsGithub

Mac

Link V2RayXGithub

Mac v2rayx

iOS

Kitsunebi - Proxy Utility

Kitsunebi – Proxy Utility

Kits Labs¥600posted withアプリーチ

 

 

Android

BifrostV

BifrostV

DawnDIYposted withアプリーチ

 

Android v2ray

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です