中国ファイアウォール対策 VPN BlueSurface 【ShadowSocks接続可】-->

BlueSurface アイキャッチ

中国での滞在に欠かせないVPNサービスを利用してみました。

自分でVPSを利用して構築する記事を紹介しましたが、ややハードルが高いうえ、繋がらなくなったときの対応が難しいので専用のサービスを利用する方が安定して接続できます。

今回利用したBlueSurface はWindows、Macに対応したブラウザ型の独自アプリを提供しており、誰でも簡単にVPN接続することができます。

VPNサービス BlueSurfaceの特徴

BlueSurface公式サイト

対応OS

  • Windows10, 8 , 7 Vista , XP
  • Mac OSX 10.6 以上
  • iPhone / iPad
  • Android (ShadowSocks接続のみ)

 

通信方式

  • 独自VPN (L2TP / OpenVPN)
  • ShadowSocks

 

BlueSurface独自接続アプリによってWindows、Macでは難しい設定などは不要で接続できます。

iPhoneではプロファイルをインストールするだけで接続可能です。

Androidは別のアプリをインストールする必要がありますが、用意されたQRコードやアクセスキーを読み込むことで接続できるようになります。

ShadowSocksとは
中国で開発されたプロキシで、通常の接続と区別のつきにくい通信方式のため中国のファイアウォール規制の対象になりにくいのが特徴です。またVPNより速度が出やすい傾向があります。

BlueSurfaceの料金プラン

1週間の無料トライアル あり

長期プラン
30日間プラン1,320円
90日間プラン3,500円
180日間プラン6,050円
360日間プラン10,200円

 

短期プラン
8日間プラン420円
15日間プラン740円

 

一週間無料

BlueSurfaceを無料で利用する

まずは、一週間無料で試せるので中国へ行く前に試してみることをおすすめします。

トライアル

トップ画面の 無料トライアルをクリックしましょう。

名前と、メールアドレス、確認用の文字を入力して送信します。

 

入力したメールアドレスに申込み完了メールが届きます。

その後、少し経つとIDとYour Addressが記載されたメールがもう一通届きますので確認しましょう。

Windows / Mac での接続

今回は Macを利用して設定していきます。Windowsでもほぼ同じやり方です。

Windowsアプリ / Macアプリ

接続ソフトをダウンロード

  1. ダウンロードページを開いて .zipファイルをダウンロード
  2.  ダブルクリックで開くとセキュリティエラーが出るので、右クリックかCtrlを押しながらクリックして開きましょう。
  3.  「アプリケーション」のBluesurface を開くとSubmit画面が表示されます。 メールで送られてきたSubmitIDとYour Addressを入力してSubmitします。
  4.  Submit後、上のメニューにBlueSurfaceソフトのアイコンが表示されるのでクリックして、中継サーバーの選択をします。

遅かったりつながらない場合はここを変更して接続先を変えてみましょう。

メニューの「接続スピードの測定」をしたあと、中継サーバーの一覧の接続先にマウスカーソルを置くと目安の速度が表示されますので参考にしましょう。

Macの場合は「●●●●●」が一番通信速度が速い接続先のようです。

速度測定

 

 

付属のブラウザ Chronium を利用している状態でないとVPN接続ができません。

なので中国国内のサイトを見るときは他のブラウザを使い、GoogleやYouTube、FacebookなどのSNSを利用するときにこのChroniumを使うようにするといいと思います。

他のブラウザ、アプリでもVPNを使いたい場合

PCで利用する場合は、付属のChroniumが必要となるのでやや使い勝手は悪いのかなと思います。ただ、GoogleやYoutubeをブラウザで見る分には問題ないです。

 

ただ、 Skype (中国版でない) やDropboxを使いたい場合もありますよね。

 

そういった場合でもShadowSocks用のサーバーを利用することで他のブラウザやアプリでも使えるようになります。

今回は Outline というShadowSocksに対応した接続ソフトを利用してみました。

ShadowSocks 接続ソフト Outlineの使い方

公式の案内ページがあるので確認してみてください。

Link Outline Windows 接続方法BlueSurface Link Outline Mac 接続方法BlueSurface

 

ここではMacの接続していきます。

BlueSurfaceアプリのように手軽に接続先を切り替えられるわけではないので注意してください。少し手間ですがアドレスを一つ一つコピペして追加しましょう。

Link ShadowSocks接続先BlueSurface

SubmitするとShadowSocksの接続リストが表示されますので、接続したい接続先の接続用アクセスキーを選択してコピーします。

ss:// 〜

SSリスト

ダウンロードしてあるOutlineを起動して上部のメニューバーにあるアイコンをクリックするとサーバー追加画面が表示されます。

outline メニューバー

右上の「+」をクリックして、さきほどコピーした「ss:// 〜」のアドレスをここに貼り付けます。自動的にサーバーが認識されるので追加されます。

アドレス追加

あとは右下の「接続」ボタンをクリックするだけで接続が開始されます。

outline雪像

 

PCの接続IPアドレスを確認できるサイトを見て、追加したプロキシサーバーアドレスと同じであれば、ShadowSocks接続ができています。

 

環境変数

 

日本国内から東京のサーバーに接続したときにはこのくらいの速度が出ました。

SSR 速度

iPhone / Android での接続

iPhone と Android では手順が異なります。

iPhoneの場合

メールに記載されているURLにアクセスしてSubmitします。

Link https://bsm.bolab.net/BlueSurface

iPhoneのSafariで開くとプロファイルのインストール確認があるのでそのままインストールしましょう。

プロファイルインストール

iOSプロファイルインストール

 

インストール後、「設定」「VPN」を見ると

VPNリスト

 

BlueSurface (NEW) VPN … Tokyo

というリストがずらっと並んでいると思うので、接続先(Tokyoなど)を確認して選択して、上部の「状況」の接続ボタンを押します。

日本国内からTokyoサーバーに接続した所このくらいの速度が出ました。

iOS速度

Androidの場合

Google Playからアプリをインストールします。

Shadowsocks

Shadowsocks

Max Lvposted withアプリーチ

 

https://bsm.bolab.net/ss でSubmitしたあと

接続先アクセスキーをコピーして、アプリの「クリップボードからインポート」で接続設定ができます。接続には右下の紙飛行機アイコンをタッチしましょう。

接続先がいくつか用意されているのですべてインポートしておくと使いやすいと思います。

 

詳しい方法は公式ページにあるので参照してください。

Link Shadowsocksでの接続方法(Android)BlueSurface

この記事のまとめ

中国のネット規制が強まる中、VPNではない接続方式「Shadowsocks」に注目が集まっています。

比較的規制されにくい通信方式なので IPsec/L2TPやOpenVPN といったVPN以外の手段も用意しておくとよいと思います。

中国へ行く前にShadowSocksを利用できるBlueSurfaceを試してみましょう。

TRY NOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です