OpenVPNを利用したセキュアな無料VPN接続 VPNGATE

本記事では、VPN Gateで提供されているOpenVPNサーバーの利用方法について紹介していきます。L2TP / IPsecなどの接続方法は比較的簡単にできるので調べてみてください。

VPN GATE

Link VPN GateVPN Gate

筑波大学が学術実験しているVPNサーバーで、世界中のボランティアがVPN中継サーバーを提供しています。ユーザー登録は不要で無料で誰でも使えます。

外国政府等の検閲用ファイアウォールを回避し、海外の YouTube などの Web サイトを自由に閲覧できます。

IP アドレスが VPN サーバーのものに書き換わります。インターネットで安全に情報発信をしたり、Web コンテンツを閲覧したりできます。

暗号化により公衆無線 LAN を安全に利用できます

VPNの種類

VPN Gateでは数種類のVPNが提供されています。特徴について簡単に見ていきます。

L2TP / IPsec

現在主流のVPN。互換性が高く幅広い機器で使うことができる。VPN Gateでは提供サーバーの数は少ない。

PPTP

以前はよく利用されていたが、安全性に不安がある。

OpenVPN

オープンソースで開発されているため柔軟性があり、安全性が高い。 使用するポートを変えられるため、規制回避によく使われる。

SSTP

Microsoftが開発したVPN。SSLを利用しており安全性が非常高いが基本的にWindowsなど端末でしか利用できない。

VPN Gateの見方について

国・地域サーバーが設置されている国や地域
DDNS名・IPアドレスVPNサーバーのIPアドレスとリモートホスト名
VPN接続数現在接続されているセッション数 (接続数)
回線品質回線速度とPing値
SSL-VPNWindowsのSoftEtherクライアントを利用した接続です。
L2TP /IPsec主流のVPNですが、VPNGateではほとんど提供されていません。
OpenVPN基本的にこの方式を選びます。
MS-SSTPWindowsであれば選んでもいいと思います。
ボランティア運営者名運営者情報
スコア 独自の数式によって計算されたスコアとのことです。

サーバーはスコア順に並んでいます。おそらく接続のしやすさや速度、遅延の少なさなどが考慮されているのだと思います。

選び方としては、基本的に自分から近いサーバー、日本なら日本で運用されているサーバー、そして「回線品質」の速度が速く、Ping値が低いサーバーを選ぶとよいです。もちろん速度の速いサーバーはたくさん利用者がいるので、「VPN接続数」もチェックしておきましょう。

OpenVPNの接続方法について

VPN Gateで提供されているVPNサーバーのユーザー名、パスワードは基本的に統一されています。

OpenVPNの接続には「設定ファイル」が必要です。 このファイルの拡張子は「.ovpn」で、接続したい機器で設定ファイルを取得するか、別のPCなどから送る必要があります。

基本的にはVPN GateのサイトからPC、スマホでも「.ovpn」の設定ファイルはダウンロードできます。ダウンロード後、OpenVPNのアプリで開くと接続画面になります。

サーバー一覧のOpenVPN欄から「OpenVPN設定ファイル」をダウンロードします。

いくつか設定ファイルが表示されますが、基本的に「DDNSホスト名が埋め込まれている .ovpnファイル」を選べば間違いないです。あとはTCP、UDPとポートの違いなので、接続できない場合は、両方試してみるといいかもしれません。

どのVPNサーバー、プロトコルもユーザー名、パスワードは共通です。

ユーザー名:vpn
パスワード:vpn

VPN GateにないOpenVPNサーバーを使いたい場合

例えば、自分が運用するOpenVPNサーバーやいわゆる野良サーバーを利用する場合は

PCで作成した設定ファイル( .opvn)をメール等で送り、OpenVPNアプリで開くことで同じようにVPNを利用できます。

MacとiPhoneであればAirdropでもOKです。

Windows

OpenVPN

Link Open VPNをダウンロード

こちらからOpenVPNの接続ソフトをダウンロードします。

Windowsインストーラの「openvpn-install-xxxx.exe」というファイルです。

ダウンロード終了後、ダブルクリックをしてウィザードに沿ってインストールします。

インストール後、アイコンをクリックして起動しておきます。起動中はタスクバーに表示されます。

設定ファイルがないのでエラーがでます。

 

VPN Gateのサイトを開いて、目的の「.opvn」ファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードした「.opvn」を

C:¥Users¥ユーザー名¥OpenVPN¥config にコピーするか

タスクバーのOpenVPNを右クリックで開いて、「Import file…」でインポートします。

インポート後は、タスクバーから接続名を選んで「接続」を選択するとVPN接続が開始されます。

Mac

Macには

TunnelBlick (OpenVPN)

https://tunnelblick.net/downloads.html

Beta、Stable、Older、Uninstaller とあるので

Stable (安定版) をダウンロードします。

ダウンロード後に「.dmg」ファイルをダブルクリックでマウントして、中の「Tunnelblick」を「アプリケーション」フォルダなどにコピーしてください。

「.opvn」をインポート

VPN Gateからダウンロードした「.opvn」ファイルをダブルクリックしてインポートします。

これは個人用でオッケーです。

アプリ起動時やインポート時にパスワードを求められることがあるので、Macのユーザー名とパスワードを入力します。

TunnelBlickは画面上部のメニューバーに常駐するので、そこからTunnelblickを開くと、さきほどの設定が読み込まれています。(もし、この中が空の場合はもういちど.opvnファイルを読み込んでください。)

この時点での設定変更は必要なく、接続を開始するには、右下の「接続」を押すだけです。

接続が成功すると、このような表示になります。

接続を確認するには、確認君+(Plus) のようなサイトを使います。

 

SSTP

MacからでもiSSTPというアプリを使うことでSSTP接続ができます。

iSSTP – a SSTP Client for Mac OSX – AXOT’s BLOG (現在接続不可?)

SSTPを提供しているサーバーのDDNS名をコピーして、iSSTPの「Server Address」にペーストします。

Username」と「Password」は「vpn」です。

下の「Connect」ボタンを押すと接続が開始されます。

MEMO
原因は不明ですが、MacOS High Sierraでは接続できていたのですが、MacOS Mojave(beta)では接続できていません。

iPhone

OpenVPN

OpenVPN、VPN Gate アプリをダウンロード

OpenVPN Connect
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料
VPN Gate Viewer
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料
VPN Gate Viewerで
VPN Gateのサーバー一覧と「.opvn」ファイルをダウンロードできます。
VPN Gate Viewerを起動すると、VPNサーバー一覧が表示されるので、接続したいサーバーをタッチします。
サーバーの詳細が表示されるので、上のOpenVPNのアイコンをタッチしてください。
「OpenVPNにコピー」アイコンを選んで、インポートします。
自動的にOpenVPNアプリが起動するので、+ ボタンを押して追加します。
あとは「Disconnected」のスイッチを切り替えるとVPN接続が開始されます。
パスワードなどの入力は不要です。

Android

OpenVPN

iPhoneと同じようにアプリをダウンロードします。

Open VPN Connect

VPN Gate Viewer

使い方はiPhoneとほとんど同じです。

VPN Gate Viewer で好きなサーバーを選んで「xx.xxx.xxx (CSV)へ接続する」を選んでOpenVPNアプリにインポートします。あとはスイッチを切り替えるとVPN接続できます。

まとめ

VPN Gateを使うことで簡単にOpenVPN接続ができました。

VPNが規制されている国、地域では必ず接続できるわけではないので注意が必要です。

またVPN Gateのサイト自体がアクセスできなくなることがあるのでミラーサイトのチェックを忘れずに行ってください。

ボランティアの運用者の方には感謝ですね。

 

手間なくサクッと海外でインターネットしたい場合はVPN付きのレンタルWiFiをどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です