一人でも行けるエベレスト街道トレッキング Part9 ディンボチェからナムチェへ下る

ディンボチェ下り

エベレスト街道記事まとめ

ネパールまとめ ネパール エベレスト街道 ソロトレッキング まとめ

前回の記事

カラパタールアイキャッチ 一人でも行けるエベレスト街道トレッキング Par8 ロブチェからカラパタール登頂へ

今回のルート

ディンボチェ ナムチェバザール

来たルートを戻るだけなので地図は省略します。

気になる場合はオンラインの地図を確認してみてください。

Link エベレスト地図

ディンボチェの夜はやっぱり辛い

夜中に喉が乾燥しすぎて飛び起きてしまいました。

喉の奥がカラカラに乾いてしまって息ができなくなってしまったのです。

ベッドの横に置いてあったペットボトルの水を飲んでも30秒後にはまたすぐに乾いててしまいます。自分の唾液くらいでは効果のないくらい乾燥しています。

高山病は落ち着いたけど、この乾燥だけはどうにもなりません。

AM6:30 起床

昨日は早朝からカラパタールまで登り、その足でディンボチェまで戻ってきました。

カラパタールの標高は5,550m

ディンボチェの標高は4,410m

1,000m以上一気に下ってきたのですが、疲れはほとんど残っていません。

高山病と思われる頭痛もすっきりしてどこかに行ってしまいました。

あとはルクラまで戻るだけだけど、体調は万全です。

朝は、チベットのパンにはちみつをかけて食べました。ただのパンなのにおいしい。

AM7:20 ナムチェへ向けて出発

登ってきた時は、ナムチェ > ソマレ > ディンボチェ という行程を3日かけてきました。

今日はこれを1日で下るのでちょっと不安です。

歩き始めた時から感じていましたが、昨日の長距離歩行が効いているようで足の爪先の皮が剥けてきたみたいです。

応急で持っていたテーピングをぐるっとしてすぐ復帰しました。実は気休めにしかならなかったのですが、痛みは気にしないようにします。

一度通った道なので下りは作業みたいなもんです。

特に景色にワクワクはなくて、とにかく頭の中で歩こう歩こうと念仏のように唱えていました。そのくらい単調です。写真も撮ってないという体たらくでした。

ひたすら歩く

AM11:00 にタンボチェ到着。

お昼はダルバートを食べ体力をつけました。

この荷物はいったい何kgくらいあるんだろうか

大きな荷物

PM4:00 ナムチェバザール到着

ナムチェへまた戻ってきました。馬さんまた会ったね。

ナムチェの馬

やっぱり落ち着くところです。お店はあるし、欲しいものは一通り揃うし、インターネットカフェもあります。

エベレスト街道の大都会、ナムチェ。

明日には、エベレスト街道の玄関口ルクラまで下ってしまうので、このナムチェでなにかお土産を買おうかと思いましたが結局自分で背負って下るのがきつそうなので、ちっちゃなウォレットだけにしておきました。

そう、明日はトレッキング最終日。あとはのんびり行くだけです。

次回へ。

ナムチェルクラ 一人でも行けるエベレスト街道トレッキング Part10 ナムチェからエベレスト街道起点ルクラへ

簡単ネパール語

モ ジャパニ フン = 私は日本人です

ネパール人には中国人と日本人の区別は付きません。悪気がなくてもよく中国人と間違えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です