Google Mapsに3D球体モードが登場 もとに戻すには?

地図サービスのGoogle Mapsがリニューアルされました。

地図の描画方法が変わり、今までのメルカトル図法から3D球体モード「3D Globe Mode」になりました。

今までのメルカトル図法との違い

https://ja.wikipedia.org/wiki/メルカトル図法

この図法は地球儀を円筒に投影したもので、地軸と円筒の芯を一致させ投影するため経線は平行直線に、緯線は経線に直交する平行直線になる。ところで正角性を維持するには、横方向・縦方向の拡大率を一致させる必要がある。緯線はすべて赤道と同じ長さになるので、高緯度地方に向かうにつれて実際の長さ(地球儀上の長さ)より横方向に拡大される。それに応じて縦方向(経線方向)にも拡大させるので、高緯度に向かうにつれ距離や面積が拡大されることになる。例えば緯度60度では、本来の緯線の長さは赤道の半分なので2倍に拡大され、したがって経線も2倍に拡大されるので、面積は4倍に拡大される。より高緯度のグリーンランドの面積は実際より17倍も拡大されている。

Twitterで言及されているように、新しい3D球体モードによりグリーンランドとアフリカ大陸が同じサイズで表示されるようなことがなくなりました。緯度経度の違いによって17倍もサイズが拡大されていたのは驚きです。

Google Mapsをズームアウトすると、Google Earthのように地図が球体で表示されるようになります。

平面の地図だと印刷用途にはよかったので、従来のモードに戻す方法も残されていると嬉しいですね。モバイル版の提供はこれからのようです。

短期間集中専用マンツーマン英会話【24/7 ENGLISH】

グリーンランドは小さかった?

従来の地図と比較してみました。

デスクトップ版では3D表示になるのでiPadからの画像です。

こちらは新しくなったデスクトップ版のGoogle Mapsです。

グリーンランドが巨大だったのに、日本の数倍くらいの大きさになってしまいました。

平面地図と3D地図の比較

正確な描画をしているのは3D地図の方ですが、地図描写が今まで地図と比べるとずれていることに気が付きます。一都市を見ている程度ならほとんど差は分からないのですが、ズームアウトしていくと当然ながら球体に沿って歪んで表示されてしまいます。

都内の地図

3D球体モード時の地図と、従来の平面地図の2枚を重ねて合成しています。

かなり分かりにいのですが、ほとんどずれはありません。

日本地図

明らかに東北と、九州地方がずれて表示されています。

元に戻すには?

現在のところ、従来の地図に戻すボタンなどはない(と思う)のですが、デスクトップ版でもいままでのような平面の地図にすることもできます。

ブラウザのユーザーエージェント (User-Agent)を変更する

これだけです。

ユーザーエージェントとは

ユーザーがどんなブラウザ、OS、スマホを使っているかなどを見ているウェブサイトに送っています。これによってユーザーの環境にあった最適なページが表示されます。

ブラウザがChromeであれば、以下の

User-Agent Switcher for Chrome – Chrome ウェブストア – Google

拡張機能をインストールして、別のユーザーエージェントを選択するだけです。

検索バーの右横のボタンから

例えば「Internet Explorer」、「Internet Explorer 10」を選んでください。

「iOS」や「Android」でもOKです。

地図以外を使うときは、「Chrome」、「Default」に戻すだけでOKです。

いつまでこの方法が使えるかは分かりませんが、参考までにどうぞ。

 

スマホでも実は使える

デスクトップ版でユーザーエージェントを変更すると、元の平面地図を使えますが、同様にスマホでもブラウザのユーザーエージェントを変更すると3D球体モードのGoogle Mapsを試すことが出来ます。

Android、iOSのChromeであれば、ユーザーエージェントを変更する必要はなく、

Chromeを開いてGoogleで「Google Maps」を検索して、表示された「Google Maps」の

タイトルを長押しして、「新しいタブで開く」をタッチします。

この時普通にタイトルをタッチすると、アプリ版のGoogle Mapsが開いてしまいますが、今回はブラウザでGoogle Mapsを表示させます。

Google Mapsが開いたら、検索バー右端のボタンから「PC版サイトをリクエスト」を選択。

これで、3D球体モードをスマホでも利用することが出来ます。(最適化はされていないと思うので使いにくいと思いますが)

開いたときに、メニューが大きく表示されている場合は地図が見えないので、メニューを「非表示」にしましょう。こんな感じに描写されます。

ユーザーエージェントを変更できるスマホブラウザ

私は普段Sleipnirというブラウザを利用していますが、こちらはアプリでユーザーエージェントを変更できるので、PC版Chromeのユーザーエージェントに変更すると同様に3D球体モードを利用できます。

一番下の真ん中のアイコン、歯車マークを選択して「設定」画面に行き、

「詳細」、「ユーザーエージェント」、「カスタム」に以下のようなユーザーエージェントを記入します。これはMac版のChrome68のUA

Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_14_0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/68.0.3440.84 Safari/537.36

同じように、SleipnirのブラウザからGoogle MapsにアクセスすればOKです。

 

使いやすいブラウザなのでおすすめです。

Sleipnir Mobile Black Edition
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥720

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です