【流れを解説】SONY RX100M4 が壊れたので修理に出した

アイキャッチ

愛用しているデジタルカメラ RX100 M4 が故障してしまったのでSONY に修理に出しました。

故障の原因は机の上(1mくらい)の高さから落下してしてしまい、リング部分などが変形したためです。直後は問題ないように思えたのですが電源が入らなくなってしまいました。

SONY のデジカメの修理代金目安はこちらから確認できます。

参考 SONY デジカメ修理料金SONY

SONY サイトより修理申し込み

修理代金

RX100M4 の修理代金の目安は 24,000 〜 31,500円(税抜)です。レンズ等重要部品に問題がある場合はさらにプラスされるようです。

修理代金はかなり高いですよね。初代RX100が3万円台で買えるので、正直修理するかどうかを迷ったのですが愛着もあったので修理することにしました。

ただ、修理に出す前だとまだ料金は分からないので不安です。

修理を進めるには同じページの、「目安料金、修理規約に同意して修理を申し込む」をクリックしましょう。

製品の機種名と症状を入力

使用しているデジカメの機種名と分かっている症状を入力します。

自宅などへ引取か持ち込みができます。近くに窓口がなかったので引き取りに来てもらいました。

修理日数は 引取後 7日 とありますが、私の場合も 7日で手元に修理品が届きました

見積り料金

見積り料金

あとは、配送先情報などを入力して修理を申し込みます。

以下のものは不要なので外しておきましょう。

  • バッテリーやSDカードを抜く
  • ストラップなどのアクセサリを取る

私の場合は裸のRX100M4を余っていたプチプチでくるんでおきました。

配送業者が引き取りに来たら製品を渡しましょう。

修理料金確認の電話

申込画面で、保証期間外の場合に、指定した修理料金を超える場合に見積もり連絡をしてもらうようにチェックしておくと、修理着手前に電話で確認してもらえます。

不要であればそのまま修理したり、返却してもらうことも可能です。

ちなみに、私の場合はRX100M4に革シールを貼っていたので修理の際、破棄していいかどうかの連絡をもらいました。また付けたかったので剥がして返却してもらえるようお願いしました。

修理代金を着払いで支払い

返却前にSMSなどで返却の連絡が来ますので確認しましょう。代金引換しかないので修理代金を用意しておく必要があります。

修理料金

修理されたRX100M4

やや大きめのダンボールで帰ってきました。

返送ダンボール

製品だけかと思っていたらいろいろ入っていました。

ダンボールの中身
  • RX100M4
  • 交換したパーツ
  • 修理明細
  • クリーニングクロス
  • デジカメから剥がしたシール
ダンボール開封

修理内容

いろいろ壊れていたようです。

RX100本体

本体

付属品と外し忘れたバッテリー

修理パーツとシール

交換したパーツ

交換パーツ

修理されたRX100M4 本体

正面
下面

動作もバッチリです。

本体に付けていたグリップはそのまま付いていました。あとは剥がされたシールを元に戻して修理完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です