【レビュー】Anker Eufy Doorbell スマホから見れる高性能インターフォン

ドアベルアイキャッチ

家のインターフォンをチャイムからWiFi 対応のインターフォンに交換しました。

モバイルバッテリーなどで有名な Anker (アンカー)製ですが、日本未発売製品のためアメリカから個人輸入しました。

Anker公式サイトやAmazon.comでは日本から購入することは出来ません。入手したい場合は ebayで探してみましょう。送料込みでだいたい2万円くらいです(Amazon.comだと約13,000円)。

購入から到着まで2週間程度かかりました。輸入してまで使うの?と思いますよね。

でも実際に使ってみたら高機能で使いやすく買い増ししてしまいました。そのくらいいい製品です!

ebayアイキャッチ ebay 自分で購入してみよう 【到着までの流れを解説】

Anker Eufy Doorbell の特徴

実際の取り付け

Anker 公式ページ (英語)

ドアベル本体

  • 本体は防水
  • 本体に4GBストレージ
  • 2K(2560×1440)画質
  • 電源が必要 (非バッテリー)
  • 160°の広角レンズ

機能

  • スマホアプリからリアルタイムで確認
  • 赤外線カメラ(ナイトビジョン)で夜間もOK
  • 自分の声を録音してクイック返答(3つまで)
  • 動体検知で録画
  • 相互会話可能
  • 家族でカメラを共有(管理者、閲覧ユーザー)
  • Amazon Alexa、Google Homeと連携

他の人気インターフォンと比べても高機能高画質です。

Anker Eufy Doorbell 開封

製品箱の表

箱の表

製品箱の裏側

箱裏
  • ドアベル本体
  • 室内用チャイム
箱オープン
  • コード類、ワイヤナット(コードを連結するパーツ)
  • 取り付けネジとアンカー
  • チャイム用コンセントピン
  • 本体取り外し用ピン
コード類
  • 本体を取り付けるブラケット
  • 15°の角度をつけるパーツ
ブラケット類

室内用のチャイムはそのまま日本のコンセントに挿して使えます。

ピンとチャイムが別々になっているので取り付けましょう。

アウトレット
ピン取り付け

取り付ける際はドアベル本体の裏側にコードを接続するネジがつけてあります。

本体の裏

日本の技適表示はありません。

技適

スマホよりも小さいサイズ

eufyサイズ感

ドアベル取り付け

取り付け要件

16-24VAC and the output power is 30VA or above

AC電源から電源を取る場合は16V以上が必要です。12VのAC電源で試したところ赤ランプ(電圧低下)が常時点灯しました。

今回はAC電源を使っているため自分で取り付けていますが、壁から電源を取る場合はプロにまかせましょう。

AC電源の延長ケーブルを加工

まず、既存の玄関チャイムを取り外してこの製品を取り付けてみましたが動きませんでした。Eufy Doorbellは16V以上の電圧が必要ですが、チャイムは乾電池給電だったようです。

なので、AC電源と延長ケーブルを購入して、ケーブル側を加工することにしました。なお、ケーブル側を加工するには資格は不要とのことです。ただし発火等の危険性もあるので自己責任でお願いします。

ACコード
ACプラグ

延長コード側のプラグをカット

コードストリップ

コード剥いてネジネジ

ネジネジ

Eufy付属のコードと接続

絶縁

熱収縮チューブで保護絶縁

玄関に取り付け

既存のチャイムよりサイズが小さいので壁面に隙間ができてしまいました。以前DIYに利用したコンセントカバーがあったのでこれを黒く塗装して取り付けたらサイズがぴったりでした。

真ん中が開いているカバーを黒スプレーと塗装。必要があれば取り付け用の穴をドリルで開けておきます。

塗装

壁の裏側からAC電源の黒いケーブルを通して、外に出します。(白っぽいケーブルは既存のチャイムのケーブルで絶縁してあります)

このときAC電源はコンセントに挿さないでおきます。

壁穴

塗装したプレートを装着。仮止めしておきました。

コンセントプレート

真ん中に本体取り付け用のブラケットを付けます。この後、ボルトとナットを用意してプレートに取り付けました。

ブラケットのシールの下はヒートシンクになっているので剥がしておきましょう。

dock

本体の裏側にコード2本を取り付けます。極性がないのでコードはどちらに接続してもOKです。ネジを締めてから、ブラケットの上部から引っ掛けるようにして押し込むと固定されます。

なお本体を外すときは付属のピンを本体下部の穴に差し込みます。

connect

これで取り付け完了です。本体は一応防水仕様ですが、心配だったので本体周辺をシーリング加工をしておきました。

シーリング

ブラケットと本体の間に15°の角度をつけるアタッチメントを取り付ける個も可能です。

取り付け完了

技適対応してみた

Ankerはグローバル展開しているメーカーですが、この製品は日本未発売のため日本の技適マークがありません。そのまま日本で使うと電波法に抵触する可能性があります。

技適がない機器でも利用できる特例があり、届け出をすると180日間その機器を使うことが出来ます。

技適特例申請 技適がなくてもスマホなど使える技適未取得機器の特例の届け出をしてみた【180日間利用可】

アプリから利用する

Eufy Security

Eufy Security

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

アプリをダウンロードしたら、まずアカウントを作成します。必要なのはメールアドレス、パスワードのみです。

「Add Device」> 「Doorbell」 > 「 Wired Doorbell」をタッチします。

カメラが起動したら、製品箱のQRコードを読み込むと自動的にドアベルが追加されます。

ドアベル追加
ドアベル追加2

本体のボタンを5秒間押して、ドアベルのチャイム音を鳴らして接続できるかを確認します。

リージョンに日本がないので、「North America」を選択。そして、接続に利用するWiFiのSSIDを選んだあと、WiFiのパスワードを入力しましょう。

wifi

室内用のチャイムも合わせてコンセントに挿しておきます。Syncボタンを2秒押して音を鳴らしましょう。

wifi接続中
チャイム

これで初期設定が完了です。

アプリから視聴・設定

こちらが最初の画面です。再生ボタンを押すとリアルタイムでカメラの画像を確認できます。

真中のボタンでスマホ側からドアベルへ音声を流すことが出来ます。ドアベルの音は聞こえるので相互通話が可能です。

クイックレスポンスという事前に設定・録音した音声メッセージを流すこともできます(3つまで)。

メイン画面

本体に4GBのストレージが内蔵されています。いっぱいになると上書きされます。

  • 動体検知
  • ドアベルを押したとき

1ファイルあたり30〜60秒でだいたい10MBでした。mp4フォーマットなのでPCに送って再生可能です。

録画履歴

ドアベルの設定一覧です。

  • ドアベル・チャイムの音

ドアベルの音量調整

  • 音声録音

音声を録音するかどうか

  • 夜間LED オンオフ
  • 動体検知

5段階で動体検知の感度を設定可能です。人の顔だけ認識したり、モノが動いたときにも検知するかなどかを選択。

  • 録画品質

HDR(ハイダイナミックレンジ)のオンオフ

ディストーション(レンズの歪み)補正オンオフ

ストリーミング品質 – Auto / 低 / 中 / 高

録画品質 2K (2560×1920) / フルHD (1600×1200) / 節約 (1600×1200)

  • 通知

ドアベルが押されたとき / 動体検知したとき

設定1
設定2

「Security」タブで動体検知するかどうかの設定ができます。スケジュールにすると時間帯によって動体検知するかしないかの設定が可能です。「Disarmed」にするとなぜかドアベルを押したときに録画されないです。

セキュリティ
録画タイム

PCからカメラ画像を確認

PCのブラウザからも自宅のカメラ画像を確認可能です。

ただし、できるのはリアルタイム視聴だけで、クラウドを契約していないと録画履歴などは見れません。

https://mysecurity.eufylife.com/#/camera

その他のWiFi インターフォン

Ring

欧米で人気のRingという製品です。こちらも購入候補でしたが、利用者が多い分セキュリティ面で心配なため選択肢から外しました。

参考 監視カメラRingから、脅迫の声が。ハック被害者が語る恐怖体験Gizmodo

+style ドアホン

この製品も気になっています。

Panasonic ドアホン

最近ではインターフォンの値段もだいぶ安くなってるんですね。この製品はスマホからは見れません。

Anker Eufy Doorbell の画質

2K (フルHDの2倍)の画質なのでめちゃ綺麗です。ストリーミングでスマホから見る場合は自動で最適な画質で配信してくれる(変更可)のでデータ容量を圧迫する心配もありません。

動画の鮮明度は10m先の車のナンバープレートが読める程度です。スマホのカメラ画質には到底敵いませんが、思っているよりくっきり写ります。

同一の色が連続するところ(壁など)が塗り絵っぽく感じましたが、玄関カメラとしては全く気にならないレベルです。

また、ナイトビジョン(赤外線)を搭載しているので夜間の撮影も問題なしです。

Amazon Alexa と連携

日本のAmazon アカウントだと Amazon Echoとは連携できません。利用する場合は、アメリカのAmazonのアカウントを取得する必要があります。

私の場合は、1台の Echo dot を Amazon.com のアカウントとひもづけて利用しています。この場合は日本独自のAlexa スキルは利用できなくなります。

alexaスキル
チャイム追加

Anker Eufy Doorbell インプレッション

ここがグッド!
  • 画質が2Kでめちゃくちゃいい
  • スマホですぐ見れる
  • 相互通話ができる

気になるポイント
  • 日本から購入できない!
  • 場合によっては自分で取り付け不可
  • 内蔵ストレージが4GBのみ (クラウド保存は有料)

実際に取り付けるまで日本でこの製品が動作するのか不安でした。既存のチャイムと交換したところそのままでは動かなかったので、AC電源から繋いだところ問題なく動作しました。

Anker Eufy Doorbell を買ってかなりよかったと思っています。

画質はフルHDの2倍なのでかなり綺麗です。HDRに対応しているので明暗差の強い場所でもはっきり写ります。またナイトビジョン撮影もできるので夜間の防犯対策もバッチリです。

そして、なんといってもスマホアプリでリアルタイムでカメラの映像を確認できます。タイムラグも1〜2秒程度なのでかなり実用的です。

あまりにも使いやすかったので2台購入してしまいました。ebayで買ったので定価よりもちょい高くなりましたが期待以上の価値があったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です