やまつみ 〜筑波山をつんでみた〜

注文してから一週間。発送が札幌からなので気長に待ちます。

 

やまつみが届きました。


到着したダンボールを開けるとこんな感じのパッケージが出てくる。横幅30cmくらい

_DSC0666

開封。説明書、土台、筑波山プレート、等高線地図、位置決め棒2本、シート20枚が入っています。(説明書には棒3本と書いてあるが明らかに二本??)

_DSC0667ジャーーン!やまつみ3種の神器です。商品にはついてないので別途購入する必要があります。.

  1. 圧着ローラー
  2. 回転作業台
  3. ピンセット

なくてもよいが最低ピンセットはないと作業的につらいと思われます。

_DSC0668あとは、回転台に土台を設置して。。。

_SLR3831つむ。最初は大きいシート。

_SLR3828つむ。ずれないよう棒を固定してつむ。

_SLR3834つむ。パーツがだんだん小さく分かれていく。

_SLR3836シートから剥がしてつむ。結構シートが厚くて剥がれにくいのでピンセットを活用してはがす。

もう少し剥がしやすかったらよかったと思う。何度も接着面をごっそり剥がしてしまったりする。

 

_SLR3832わかりにくいけど、真ん中左あたりの小さい部分が残っています。気づかないことも。

_SLR3837上のパーツとは違うが、一番小さいパーツでこの程度の大きさ。不器用泣かせ。接着面わずか。

_SLR3846完成!右下にプレートもつけました。

_SLR3853左側からパシャ!筑波山の男体山と女体山の双耳峰が確認できます。

 

製作時間:2時間30分

 

初めてやまつみする方に注意!

1.油断するとズレる。

位置決め棒を過信せず、慎重に張り合わせましょう。

2.小さいのをなくしやすい。

ピンセットに挟んだあと飛んでいきます。飛んだが最後帰ってきません。

3.シートから剥がしにくい。

指だとなかなか剥がれてくれません。剥がし過ぎてしまった場合、スティックのりなんかでつけました。

プラモデルとかはミニ四駆以来でほとんど作成したことのない自分でしたが、それほど苦労することなく

作れたような気がします。細かいところは今後の課題。

 

パーツが小さいのは仕方ないとして、もう少しシートが剥がしやすかったらいいな。

期間を置いて、もう少し難易度の高い山のやまつみに挑戦してみたいです。