二輪ユーザー車検でより安く

ユーザー車検を聞いた事がありますか?

バイクといえども250cc以上のものは車検を通さないと乗れませんが
これを2年毎(初回は3年)となるとなかなか出費が痛いものです。

バイク屋さんや業者に頼むと工賃、手数料で5万円近くかかりますが
ユーザー車検であれば2万円程度で済んでしまうのです。

愛車を長く乗り続けるためにできるだけ安くしたいという方にはおすすめです。

ユーザー車検とは

通常の車検はディーラーや修理工場に任せるため料金が高くつきます。
これに対しユーザーが自分のバイクを管轄の運輸局まで持ち込み
検査にパスをすれば、車検証をもらってくる事ができるのがユーザー車検です。

メリット
余計な出費がない(最低限の安さ)
バイク、メンテナンス知識がつく

デメリット
整備、メンテナンスを自分で行わないといけない。
運輸局は平日のみのため、半日以上休む必要がある。

ユーザー車検で用意するもの

納税証明書(はがきでスタンプ付きのもの)
印鑑(認印)
自賠責保険証明書

※納税証明書をなくした場合は管轄の税務課などで手に入ります。

私が群馬県でユーザー車検をしてみたレポートです。
群馬でバイクユーザー車検に挑戦してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です