【レビュー】RAVPower RP-VC019 48W カーチャージャーで車でスマホとパソコンを急速充電!

4 min
アイキャッチ

仕事で車を使うんだけど車内でパソコン充電できないかな?できればスマホも!

スマホやパソコンのバッテリーの容量が大型化していますが、気がついたらバッテリー残量がなくなっていた、ということはよくありますよね。

車での移動中に手軽にスマホやパソコンを充電できたら便利ですよね。運転中に充電しておき、車から降りたらバッテリーが充電された状態で使い始められます。

https://tabikumo.com/img/2018/09/face-icon-boy.png

車中泊や非常時などにも充電器があると安心できますよね。

屋内とは違い、基本的に車内では電圧の大きなAC電源を使うことができないので充電方法は限られてきます。

車内での充電方法
  • カーインバータ
  • シガーソケットチャージャー

①カーインバータ

家庭で使うような電化製品を車でも使えるようにした製品です。電源はシガーソケットからとり、ACコンセントに対応した機器を利用することができます。

カーインバーターの難点はインバーター自体が大きいため、設置場所をとってしまうことなんですよね。加えて使用時に動作音が大きいものもあるので気軽とはいいにくいところがあります。

②シガーソケットチャージャー

カーインバーター同様にシガーソケットを利用しますがUSB充電が可能でAC電源には対応していません。その代わり本体が小型で軽自動車から大型車両まであらゆる車種で使用可能です。

今回、RAVPower様より最大48W出力に対応した カーチャージャーを提供していただいたのでレビューしていきます。

コンパクトなUSB-C 対応カーチャージャー RP-VC019

RAVPowerから発売された RP-VC019 は 2つUSBポートがついています。

  • USB-C 最大30W出力
  • USB-A 最大18W出力

合計で最大48W の出力ができます。

USB-C に対応しているので最近のスマホでも安心して使えますね。

USB-C ポートで Macbook を充電しつつ、USB-A ポートでスマホやほかの機器を充電するといったこともできるのでかなり便利です。

RAVPower RP-VC019 製品外観

製品の箱はとってもコンパクト

製品箱
サイズ

カーチャージャー本体は、大人の指より短くて軽いです。

細くなっている部分を車のシガーソケットに挿入して使います。

カーボン

チャージ部分はカーボン調にコーティングされていて高級感があります。

https://tabikumo.com/img/2018/09/face-icon-boy.png

むちゃかっこいいです。どんな車種にも合うデザインだと思います。

USBポート

USB-CとUSB-A の2つのUSBポートに対応しているので使いやすいですね。

2ポート挿入した状態

RP-VC019 製品スペック

RP-VC019 カーチャージャー
サイズ約 39 x 29 x 71 mm
重さ約31g
USB-C ポート5V/3A、9V/3A、12V/2A、15V/2A、20V/1.5A 最大 30W (USB Power Delivery 3.0)
USB-A ポート5V/3A、9V/2A、12V/1.5A、最大18W (QuickCharge 3.0)
  • USB-C 急速充電対応

iPhone 11 を28分で50%まで充電

Macbook を 52分で50%まで充電

48W
  • 12V (一般車両)と24V (トラックなど)に対応しているのでどんな車種にも自動で対応
  • 長時間使用でも安心。耐熱性能・過熱保護・ショート防止・過負荷保護機能搭載。
プロテクト

おすすめのケーブル

急速充電規格 USB-PD に対応した最大100W出力のケーブル

https://tabikumo.com/img/2018/09/face-icon-boy.png

このケーブルは値段がちょっと高いんですが太くて丈夫です。

USB-A microUSB

車でMacbookとスマホを充電してみた

RP-VC019挿入

シガーソケットの場所は車によって異なります。シガーソケットにRP-VC019を差し込むとフワッと青いLEDが光ります(エンジンをかけているとき)。

https://tabikumo.com/img/2018/09/face-icon-boy.png

これがまたかっこいいんですよね。

青色LED

Macbook Pro 13インチを充電

Macbook Pro をUSB-C ケーブルを使って充電してみました。

Macbook Pro

メニューバー > このMacについて > システムレポート > 電源

製品の仕様どおり、30Wで認識されているのが確認できました。

USB-C電圧計でチェック。20.5V x 0.75Aで充電できています。(最大20V x 1.5A)

大型のPCを充電するには30Wではややパワー不足ですが、今回使った13インチのMacbook Proであればきちんと充電ができていました。

スマホを充電

USB-C ポートからAndroidのスマホを充電してみました。こちらのスマホは急速充電に対応していないので5Vでの給電になりました。

Android 充電
https://tabikumo.com/img/2018/09/face-icon-boy.png

ケーブルを変えればもちろんiPhone を充電することも可能です!

車でパソコン充電ができるのは便利すぎる

機能まとめ
  • USB-C 最大30W
  • USB-A 最大18W
  • USB-PD、Quick Charge3.0、iSmart 2.0 で急速充電
  • どんな車種にも対応

RAVPower RP-VC019 はUSB-C と USB-A に対応しているのでほとんどのUSB機器が利用可能です。おまけに2ポートなので2台の機器を同時に充電できるので完璧です。

RP-VC019は本体がカーボン調にコーティングされていて、使用時にはじわっと輝く青いLEDがかっこいいです。シンプルなのにこだわりを感じました。

車に1つ備えておくと、急にパソコンやスマホを充電したくなったときに対応できるのでかなりおすすめです!

キャンプや車中泊、非常時にも使えますよ〜。エンジンを切ったまま(ACC)充電するとバッテリーが上がる場合があるので注意してくださいね。

おすすめのモバイルバッテリー

車以外でも外出先で持っておきたいおすすめのモバイルバッテリーです。

USB-C と USB-A の2ポートを搭載して、最大29Wの出力ができるのでカバンのなかに入れておくと安心です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。