【レビュー】Power Bank Pro 83Wモバイルバッテリー (65W + 18W) パワフルでノートPCとスマホ同時充電可能

5 min

最近ではUSB-C に対応した機器が増えてきました。

しかし、自分が持っているスマホやパソコンにちゃんと充電できるのか心配ですよね。

これを持っておけば間違いない!というモバイルバッテリー登場しました。

それが、EXCITRUS 社の Power Bank Pro です。

大容量かつ、急速充電ができて、なおかつ軽いというまさに死角なしのモバイルバッテリーです。

このモバイルバッテリーをつかえば、スマホにノートパソコン、スマートウォッチなどあらゆる機器を充電することができます。

いままで45W出力のものは多くありましたが、より大出力な65Wであればさらに速く充電できるんです!

今回、プロジェクトを実行している Fundexcel様より製品を貸与していただいたので実際に使用してレビューします。

Power Bank Pro ってこんな製品

  • 65W + 18W の計2ポートで急速充電
  • 重量300gで持ち運びもらくらく
  • 13,500mAh の大容量 (iPhone 11 Pro を約4回充電)
  • 本体ディスプレイにバッテリー残量が表示

現在、クラウドファンディングサイト Makuake で出資を募っており、製品を速く入手するためには出資する必要があります。

Power Bank Pro の特徴

どんな人におすすめ?

  • 外出先での作業が多い
  • アウトドアなどのアクティビティのときも充電したい
  • 少しでも早く充電を終わらせたい
  • ひと目でバッテリー残量が知りたい

Power Bank Pro の製品スペック

USB-C ポートはUSB-PDという規格に対応しており通常より速く機器を充電することができます。またUSB-C と USB-A は同時に出力できるので2つの機器を同時に充電可能です。

USB-PD (Power Delivery) は最大100Wまでの急速充電に対応した規格で、通常の充電器よりも数倍早く充電することができます。ただし、USB-PDを利用するには、充電器、ケーブル、機器の3つがそれぞれ対応していなければなりません。

充電回数の目安

現在流通しているスマホであれば3〜4回分の充電ができます。iPad Proは容量も大きいため1回分程度になります。

充電回数

持っておきたいUSB-PD 対応ケーブルと充電器

私も持っているUSB-PD に対応したケーブルと充電器です。大出力可能なので持っていればあらゆるUSB-C対応機器で利用可能ですよ。

RAVPower PD USB-C急速充電器【61W/PD 3.0対応/折畳式/2ポートUSB-A & USB-C】 RP-PC105
RAVPOWER

iPhone (Lightning端子)を充電するなら

Power Bank Pro の入手方法

現在、makuakeでクラウドファンディング中です。現在一般販売前に入手するためには、プロジェクトで出資する必要があります。プロジェクトが成功後にリターン(製品)を手に入れることができます。

支払いはクレジットカード、コンビニ決済、銀行振込が利用可能です。なお発送まではすこし時間がかかりますので気長に待ちましょう。(4月末頃までに発送)

  • Power Bank Pro 83W 13,500mAh

Power Bank Pro 開封

製品箱正面

箱正面

製品箱背面

背面

開くとモバイルバテリーで出てきます。

箱オープン
  • マニュアル
  • USB-C – USB-C ケーブル
  • USB-A – USB-C ケーブル
  • Power Bank Pro 本体
内容物

Power Bank Pro 正面

正面

本体表面と背面は波打つような加工がされていて高級感があります。

側面部分は黒い鏡面のようになっています。

サイド

本体左側面上部にはバッテリー残量を表示されるようになっています。

この液晶表示が分かりやすくてかっこいい!

給電ポートは2つあり、合計で最大83Wの出力が可能です。

  • USB-C 最大出力 65W
  • USB-A 最大出力 18W

Power Bank Pro へ充電するときには、充電器からUSB-Cポートへ接続できます。

USB-PD対応の大出力充電器

RAVPower PD USB-C急速充電器【61W/PD 3.0対応/折畳式/2ポートUSB-A & USB-C】 RP-PC105
RAVPOWER

1つだけボタンがついていて、本体に右側にあるのが充電を開始するボタンです。

充電開始

充電が完了すると、自動的に供給がストップするので安心なんです!

Power Bank Pro の重量

Power Bank Pro の重さは約303gでした (ケーブルなどを含まず)

重さ

大容量のモバイルバッテリーにも関わらず軽い!

Power Bank Pro で充電してみた

Macbook Pro

ふだん使っているMac Book Pro 13インチにPower Bank Pro から充電してみました。

MBPへ充電

USB-PD で急速充電できているときには、バッテリー残量表示の右上に⚡マークが2つつきます。

急速充電中

Mac 「このMacについて > システムレポート > 電源」

充電中に電力チェッカーで確認。20.3V x 2.51A で出力しています。

Power Bank Pro から Macbook Pro へ 1時間充電してみました。充電中はMacbookは閉じた状態です。

結果は以下のようになりました。

Macbook Pro 47% > 98%
Power Bank Pro 98% > 28%

たった1時間で50%以上の充電ができたことに驚きました。Macbook Proはバッテリー容量が大きいので充電一回分はありませんが、数時間程度の作業ならば十分可能です。

ちなみに今回使ったMacbook Pro 13インチのバッテリー容量は54.5Wh (約15,000mAh相当)です。

今回はMacbookを閉じた状態でしたが、作業しながらでも問題なく充電されていきますよ!

Apple Watch

Apple Watch などの小電力の機器を充電するときには、自動的に給電がストップしてしまします。

そのため、Apple Watchを充電するときには、本体のボタンを2回押して小電力出力モードに切替えましょう。

Apple Watch

Apple Watchへ出力中はバッテリー残量の %(パーセント) 記号が点滅します。

充電中

これで70mA程度の弱い電力でApple Watchを充電可能です。

iPad Pro

iPad Pro

USB-C – Lightning ケーブルなどを使って2017年のiPadを充電してみました。問題なく急速充電できることをを確認しました。

チェッカーで計測したところ 15.3v x 1.0A 程度でした。

急速充電

iPhone で急速充電するならこのケーブル

よいところ・気になるところ

よいところ
  • 合計83W出力でパワフル
  • バッテリー残量が表示される
  • 高級感あり
気になるところ
  • このサイズで20,000mAhほしい
  • 100W電源が必要な大型PCへはパワー不足

このモバイルバッテリーに関してはあらゆる機能が詰まっていて現状でほとんど不満を感じませんでした。強いてあげるとすれば、このサイズで20,000mAhくらいあったら完璧だったのですが、13,500mAhでもiPhoneを4〜5回充電できる容量なので十分です。

中でもうれしいのがバッテリー残量が分かりやすいのであとどれくらい充電できるのかがひと目で分かることです。また見た目も安っぽくないのでどこにでも持っていけます。

まとめ

  • バッテリー残量がひと目で分かる
  • 大容量、高出力、軽量

今回は、パソコンやスマホ、スマートウォッチを使って充電してみましたが、USB-C対応の製品はたくさんあります。Nintendo Switchのようなゲーム機も充電できますし、1つは持っていると便利ですね!

私はMacbook を充電しながら iPhoneも充電していますが急速充電できるので充電完了まであっという間です。

makuake でクラウドファンディング中ですので手に入れたい方は出資してみましょう。

特に外でパソコン・スマホを使う人におすすめですよ。

持っておきたい関連商品

軽量コンパクトでUSB-PD(急速充電)対応の61W充電器。私も使っています。

RAVPower PD USB-C急速充電器【61W/PD 3.0対応/折畳式/2ポートUSB-A & USB-C】 RP-PC105
RAVPOWER

こちらもUSB-PD対応の ケーブル。品質が高く安心です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。