【2年間海外でも使えるSIM内蔵】語学学習にポケトークを使ってみる

アイキャッチ

東京オリンピックを控え、訪日する外国人もますます増えてきました。

外国の方とコミュニケーションを取る機会が増えているのではないでしょうか?

私自身、英語は好きな方なのですがまだまだ胸を張って英語ができると言えるレベルではありません。文章を読むのは苦ではないのですが、リアルタイムに会話するのはかなり苦手で、聞き取りするので精一杯です。

ましてネイティブの話す速度は速いので、英語教材以外のリスニングはお手上げです。

ドラえもんの ほんやくコンニャク!とまでいかなくても、お互いの言いたいことがだいたい伝わるようになったらより外国人との会話が楽しくなりますよね。

実はそんな夢のような道具があります。

一度は耳にしたことがあるかもしれません、それがポケトークという機器です。

今回ポケトークを貸していただいたので、語学学習に使ってみることにしました。

世界中で使える翻訳機

追加料金一切なしなので安心

ポケトークとは?海外で使えるってホント?

ポケトーク

ポケトークはボタンを押すだけで自動で翻訳してくれる機器です。

最近では観光施設や、外国人と多く接する団体などで導入しているところが増えてきました。

もちろん、個人でも外国語学習や、外国人とのコミュケーションを取るときなど幅広く使えるので、これから旅行や留学、出張を控えている方にはおすすめです。

ポケトークの特徴

ポケトーク
引用:ソースネクスト
  • 追加料金無しで2年間使える
  • クラウドのAI翻訳エンジン
  • 画面はタッチパネル、電源と2ボタンだけでシンプル
  • eSIM内蔵で世界中(74言語、128の国と地域)で使える
  • 長文(30秒程度)の翻訳もできる
  • WiFi・テザリング接続でも使える

ポケトークの特徴を詳しく見ていきましょう。

2年間ネット通信が使える

ポケトークは eSIM (内蔵SIMカード)がついているので、購入したときから2年間追加費用なしで使えます。

日本国内はもちろん、海外での使用が可能です。ネット規制の厳しい中国でも使えます。

2年経過後は1年ごとに5,000円で使うこともできます。

ポケトーク:よくある質問 (https://pocketalk.jp/usqa/) より

シンプルなデザイン

ポケトークのサイズ

電源ボタンのほか、ボタンが2つついています。

画面はタッチパネルになっているので操作に迷うことはありません。

スマホよりも小さく、まさにポケットサイズ!

74言語、128の国と地域で使える

ポケトークが使えるところ
ポケトークがつかえる地域

メジャーな言語はもちろん、世界各国と地域で使えるので安心です。

別の契約をしたりすることなく、ポケトークを海外へ持っていくだけで使えます。これって結構すごいですよね。

利用可能な国はこちらから確認できます。

クラウドのAI翻訳

クラウド上の翻訳エンジンを使っているのでAIが常に最適な翻訳をしてくれます。

WiFi・テザリングでも使える

もし、地域によって3G・4Gの電波で通信ができない場合でも、WiFiがあれば翻訳機能は使えます。

スマホからWiFi電波を飛ばすテザリングでも同様のことが可能です。

どんなときにポケトークを使うといい?

  • 外国語学習

英語はもちろん、中国語・韓国語など72の言語に対応しているので、たとえば翻訳されていないYouTubeの動画をポケトークで翻訳したりすることができます。

日本語から翻訳ができるので、英語ではどういうんだろう?というフレーズの勉強にもなります。

  • 観光案内

訪日外国人への道案内や商品の説明などの時に、外国語が苦手でもポケトークを使えばある程度は伝えることができます。

ノイズキャンセリングマイク内蔵なので周囲に雑音があってもクリアに声を拾ってくれます。

  • 海外旅行・コミュニケーション

国によっては英語も通じないような地域があります。そのような場所でもポケトークを通して現地語に変換すれば、スムーズに意思疎通が図れます。

コミュニケーションはもちろん特に道に迷ったときや、困った時にあると心強いです。

何も設定しなくてもそのまま使えるので手軽です。

  • ビジネス

専門用語が頻発するようなシチュエーションには不向きですが、プレゼンなど自分の意志を伝えるようなシーンでは活用できるでしょう。

かんたん操作で翻訳

外国語学習・海外旅行・ビジネスシーンで活躍

ポケトークは翻訳専用機

バッテリーを内蔵しているので、スマホと分けて使えます。

約7時間使える

フル充電から約7時間利用可能です。

本体充電方法

充電には付属のUSB-TypeC ケーブルを使って充電できます。

バッテリーが空の状態から満充電まで3時間くらいでした。

翻訳できる文章の長さ、時間

短文はもちろん、30秒程度の長文翻訳もできます。具体的には後述のYouTube動画をご覧ください。

ポケトークの値段は?

ポケトーク値段

ポケトークは2つの種類があります。カラーバリエーションはゴールド、ブラック、ホワイト、レッド、ピンクゴールドの5種類です。

  • 本体 + 2年間世界中でネット通信ができる機種
  • 29,880円(税別)

2年間、グローバル通信がすることができる機種です。

  • 本体のみネット通信なし
  • 24,880円(税別)

本体のみなので、別途WiFiやSIMカードを用意する必要があります。

ネット通信ありを選ぶべし

値段の差は5,000円ですが、2年間世界中で使えるのでグローバル通信付きのものを選びましょう。

どちらもAmazon でも購入できます。

ポケトークの使い方

電源ボタン

基本的な使い方はこれだけです。

  1. 電源を入れる
  2. 左右のボタンを押して翻訳する

本体の右の電源ボタンを押して電源をいれたあと、

  • 左のボタンに日本語
  • 右のボタンは外国語(翻訳したい言語)

ボタンを押している間聞き取りモードになり、離すと翻訳してくれます。

ボタンを押して話す

言語を変更する方法

ボタンに言語を設定

左ボタンか右ボタンどちらでも好きな言語を設定できます。

日本語と外国語の組み合わせだけでなく、中国語と韓国語といった使い方も可能です。

また、音声でも言語を変更することができるようです。

履歴再生・お気に入り登録機能

一度翻訳した結果は1万件まで保存されます。

履歴をタップすることで音声が再生することができます。

またよく使うフレーズを登録しておくことで、すぐに呼び足して使うことができます。

履歴を長押しすることでお気に入りに登録できます。

AI搭載の翻訳機

海外でもそのまま使える

TED と 中国語 の音声を翻訳してみた

外国人と離す機会があればよかったのですが、今回は音声を翻訳してみました。

思った以上に翻訳速度が速いので使いやすかったです。

TED

TEDはアイデアを共有する講演会などを開催するコミュニティです。聞く価値のある内容と英語話者が比較的はっきりとしゃべってプレゼンするためリスニング・フレーズ学習に最適なんです。

TEDの動画はYouTubeで見れるのでチェックしてみましょう。

中国語

CCTV(中国のテレビ局)の動画を翻訳

中国語はほとんど分からないのですが、翻訳したおかげでだいたい内容は理解できますね。

ポケトークの翻訳精度はどう?

たまに??となるような翻訳もありますが、文脈からこういうことかなと推測できます。

はっきりしない音声などは難しいですが、わりときちんとマイクで拾ってくれています。

Google 翻訳との比較

Google 翻訳は少し間を置くとすぐに翻訳を初めてしまうので、実は会話では使いにくいです。1文1文翻訳したり、フレーズを伝えたいときにはは有効です。

長文や会話を翻訳したいなら明らかにポケトークが使いやすかったです。

とはいえ、どちらも不自然な翻訳をすることがあるのでニュアンスを把握することが大事ですね。

ポケトークのここがいい!

  • 長文翻訳ができる

個人的にいいなと思ったのはこの長文翻訳です。Google翻訳との比較でも紹介しましたが、ポケトークは長文の翻訳が可能です。

実際の会話は短文で区切ってすることはほとんどないですからね。さすが専用機といったところです。

  • 操作がシンプル

使うボタンが2つしかないので迷わず操作できます。

  • Softbank SIMもOK

手持ちのSIMカードを挿入して通信することができました。

ポケトークのもう一歩な点

  • 声の録音・履歴再生があったらよかった

会話の音声を録音しておけばあとで復習にも使えます。翻訳ではああ言ってたけど本当はなんて言ってたのかな?というシチュエーションが考えられますよね。

ただ、プライバシーのこともあるので難しいのかとは思います。

  • 履歴をPCに送信

同様に、ポケトークの履歴をPCなどに送って確認できたらよいなと思いました。

フレーズの学習などに使えると思います。

なんとこの機能ありました!

クラウド上のPOCKETセンターに保存されるのでスマホ・PC・タブレットで利用することができます。

SIMカードでも使える

これはほとんど方には不要な情報です。

自分で用意したSIMカードをポケトークで利用することも可能でした。

利用するケースはまれだと思いますが一応手順を紹介します。

本体左側のカバーを開けてnanoSIMカードを挿入。

SIMカード

設定画面を開いて、SIMを選択します。

別SIMカード

利用するAPNがない場合は右上の + ボタンで手動で追加します。

これで手持ちのSIMカードで通信ができるようになりました。

WiFi 接続する場合

WiFiに接続することもできます。

設定画面からWiFiのアイコンをタッチすると、接続可能なWiFi一覧が出るので、接続したところをタッチしてパスワードを入力しましょう。

WiFi 接続

ポケトークは語学学習・コミュニケーションによし

マイクの感度も良好でパソコンのスピーカーから流した音声もしっかり拾ってくれました。これなら旅行先で空港のアナウンスなども聞き取ることができそうです。

また、翻訳速度も速いのでポケトークを通すと会話のテンポが悪くなってしまう、などといったことも起こりにくいと思います。

語学学習のみならず、ポケトークがあれば外国人と話すきっかけにもなりますよ!

2年間使えるので、東京オリンピックが終わった後でも役に立ってくれる相棒になることでしょう。

設定は不要ですぐ使える

翻訳専用機なので使いやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です