【Magic桜】家で花見! 魔法の水で自分だけの桜を作ってみた

Magic桜アイキャッチ

家で花見と言ってもテレビ中継を見るわけではないですよ。

紙で作られた枝に魔法の水をふりかけるだけで桜が作れてしまうんです。

もちろん本物の桜ではなく、魔法 (化学)のちからを使ってできた桜ですけどね。



Magic 桜は家の中でも桜そっくりの花見を楽しむことができます。

春に限らずいつでも桜を鑑賞できるので、桜のような鮮やかなピンクをみていやされましょう。

Magic 桜について

Magic 桜は、紙でできた枝に魔法の水をふりかけるだけで12時間後に桜ができあがる工作です。イメージとしては理科の授業のミョウバンの結晶づくりに似ています。

作る工程、育つ過程、見る楽しみ、散るはかなさを味わうことができます。

咲いてから1ヶ月ほど鑑賞できるのでインテリアにしてもいいですね。

こんな場合にぴったり
  • お子さんと一緒に工作
  • 入学卒業祝い
  • 気分のリフレッシュに
  • 家族・友人へのプレゼント

開花まで12時間というと長く感じますが、朝食後にMagic桜を作ると、夕ご飯の時間にはちょうどいい感じに鑑賞できます。逆に夜作って、朝起きて鑑賞するのもさわやかでいいですよね。

大人でも楽しめますし、お子さんと一緒にちょっとした化学のお勉強にもいいかもしれません。魔法の水は水と食品添加物でできているので口に入れてしまっても大丈夫です。(目に入ったりしたらよく洗いましょう。)

海外でも桜を好きな人は多いので海外の知り合いなどにプレゼントしたら喜ばれると思いますよ。

ハート型の桜もあるよ


Magic 桜を作ってみよう

開花まで12時間

作って見て楽しめる

 

Magic桜 部品

使う部品はこれだけです。

  • 土台
  • 紙でできた枝2枚
  • 魔法の水

魔法の水を振りかけたときに水が飛散る場合があるので、土台の下になにか敷いたほうがよいと思います。

まずは土台に枝を立てる

桜の枝となる紙が2枚あります。片方の幹に切れ目があるので、もう一方の幹に上からはめ込んで一本の木にしましょう。ちょうどバッテン(X) の形になります。

土台をお皿のように上向きにセットして

Magic桜 土台

土台の真ん中に 木のバッテン (X)を差し込みます。

Magic桜 土台へ

こんな感じで木が自立します。

Magic桜 立てた状態

木の枝には切り目がたくさんついているので

Magic桜 切り目

切り目を左右上下に折っていきます。ここでの作業が完成したときの見た目に影響してきます。センスの見せ場ですね。

それっぽい感じで枝を開きました。見た目が汚くなってしまっても桜が咲いたときに桜の花びらがカバーしてくれるはずなので大丈夫!

Magic桜 折った状態

満足するまで枝を開いたら、魔法の水を上からまんべんなくふりかけていきましょう。

このときは14時くらいにスタートしました。

Magic桜 魔法の水

こんな感じで水をかけますが魔法の水の袋の口は小さく開けたほうがやりやすいですね。大きく口を開けるとドバッと出て飛び散ると思います。

Magic桜 水掛け

水やりが下手で飛び散りました。上から流れた水は下の土台にたまるようになっています。時間がたつと紙の木が水を吸ってくれるので心配しなくて大丈夫です。

すでに水がピンクです。

Magic 桜 飛び散り

開花するまで撮ってみた

2時間くらいたつとポツポツと桜が咲き始めました。1分咲きといったところです。

2時間

4時間経過

4時間

6時間経過

6時間

8時間経過 裏側から

8時間

10時間でほぼ満開に!右側のほうが少しさびしくなりましたがこれはこれでいいですね。

満開

おうちでお花見

作って見て楽しめる

満開になるまでタイムラプス動画

タイムラプスの動画にしてみました。魔法の水をかけてから2時間後に撮り始めた8時間で30秒の動画です。

 

計10時間くらいで満開になりました。よく見ると下の水がじわじわと木に吸われているのが分かります。

やっぱり桜って見とれる

なぜか片側だけ花が少なくなってしまったのですが、ピンクの桜を咲かせることができました。はなさかじいさんのようにパッとふりまいたら咲くような魔法は使えませんが、時間をかけてゆっくりと咲く本物の桜のように味わいがありました。

見るだけでなく、作る工程も楽しむ桜でした。重さで下に落ちてくる桜もまたいいと思います。

自分で楽しむもよし、子供と楽しむもよし、日本の心である桜は形を変えて味わうことができる小さな春でした。

 

桜散る

おうちでお花見

作って見て楽しめる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です