[開通までまとめ] MVNO IIJmioに移行してみました。

2年間楽天モバイルを利用していましたが、今月からIIJmioに乗り換えました。

その前にも実はIIJmioを3年間使っていたのですが、またIIJmioに戻ってきました。

楽天モバイルからIIJmioへ

以前、楽天モバイルに移行したのは、IIJmioにないサービスがあったからです。

使っていたのは楽天モバイルの「ベーシックプラン」では200kbps固定の低速通信しかできないけれど、料金が通話料は別で税込1,350円とかなり安いプランでした。スマホでの通話はほとんどど必要なく、仕事以外ではLINEやSNSでの連絡が多かったので私にとってこれで十分でした。スマホで動画は全く見ないので200kbpsでも問題ありませんでした。(外出時パソコンで作業するときはモバイルWiFiです。)

ただ最近ではWebサイトがリッチ化してきてなかなかサイトの読み込みが遅くなった気がしたので、苦行のようなWebサイト巡りをやめてプラン変更を考えていました。中でも地図アプリの読み込みが遅くてイライラすることが多かったです。

楽天モバイル内でのプラン変更をしなかったのは、「スーパーホーダイ」など2年間縛りなどの分かりにくい長期契約が嫌いなこと、「組み合わせプラン」の他プランに料金的な魅力を感じなかったことです。

その点IIJmioのプランはシンプルです。

IIJmioを選んだ理由

  1. 全てのプランでデータ量2倍キャンペーン中だったこと
  2. キャンペーン中は初期費用がかからない (1円) だったこと
  3. 以前使っていて不満をほとんど感じなかったこと

私が以前使っていた頃から「ミニマムスタートプラン」ではデータ量3GBだったのですが、今回のキャンペーンで6ヶ月間、倍の6GB使えると知ったことが一番の決め手です。

クーポンスイッチを使うことで200kbpsと高速通信を切り替えもでき、使わなかった分は翌月繰越できるのも使い勝手がよいですね。

あとは、これは私の勝手な願望ですがキャンペーンが終了した後そのまま6GBのプランとして残るかもしれないという期待もあります。

こんな人におすすめ

  • 少しでも安く、多くのデータ容量を使いたい。
  • 普段は低速でもよく、自分の使いたいときに高速通信したいので、使わない分は翌月に繰り越したい。
  • 2年縛りのように何年も同じ回線業者を使わないので、1年程度で変更してみたい。(通話プランの最低利用期間は12ヶ月)

どんなプランがあるの?

月額基本料金

キャンペーン中は、データ容量が2倍、600円引きになります。

料金プラン名ミニマムスタートプランライトスタートプランファミリーシェアプラン
バンドルクーポン3GB → 6GB6GB → 12GB12GB → 24GB
SIM枚数最大2枚最大2枚最大2枚
データ通信専用SIMタイプAでは提供しておりません
SMS機能付きSIM900円(税抜) 内訳:900円+0円(SMS機能付帯料)1,520円(税抜) 内訳:1,520円+0円(SMS機能付帯料)2,560円(税抜) 内訳:2,560円+0円/枚(SMS機能付帯料)
音声通話機能付きSIM(みおふぉん)1,600円 1,000円(税抜) 内訳:900円+700円(音声通話機能付帯料)2,220円 1,620円(税抜) 内訳:1,520円+700円(音声通話機能付帯料)3,260円 2,660円(税抜) 内訳:2,560円+700円/枚(音声通話機能付帯料)

大きく分けて3種類のプランが用意されています。

基本的にはデータ容量の違いです。

ミニマムスタートプラン

初めて利用する場合はこのプランがおすすめです。私もこのプランを利用しています。

通常は3GBですがキャンペーン中なので6GBのデータ通信ができます。

ライトスタートプラン

通常は6GBでキャンペーン中は12GBになります。

ファミリーシェアプラン

通常は12GBですがキャンペーン中は24GBです。

SIMカードを3枚(最大10枚)発行できるので、家族などでデータ量を分け合って利用することが出来ます。一人でもiPhone、iPad、PCなど分けてしようすることも可能です。

キャンペーンと申込み上の注意

キャンペーン中に申し込みをすると、開通した月の翌月から増量になります。
紹介コードを入力して申し込んだ場合もその翌月から適用されます。

また、開通した月の利用料については日割りになっています。x月20日に開通したとしても基本料金が全額請求されるわけではないのでご安心下さい。

同じように、開通月に付与されるデータ容量は日割りとなっていて、例えばx月1日に開通した場合は、3GBのクーポンが付与されますが、x月15日開通の場合はおおよそ半分くらい(例えば1.5GB)になるようです。

私の場合はミニマムスタートプランが7日に開通でデータクーポンが2.48GBになっていました。データ日割りの件は特に記載が見当たらなかったので焦りましたが、サポートセンターに確認したところデータ容量も日割りとのことでした。

オプションプラン

通話定額

みおふぉんダイヤルアプリ (プレフィックス0037691)を利用することで定額通話ができます。

通話定額 3分 税抜600円
日本人の平均通話時間は2分14秒なのでだいたいこれで間に合います。

出典:総務省 平成28年度 通信量からみた我が国の音声通信利用状況

家族間 (同一mioID) であれば10分何度でもかけ放題

通話定額 10分 税抜830円

家族間 (同一mioID) であれば30分何度でもかけ放題

その他

私個人の意見ですが、特に不要だと思うのでお好みのサービスをご利用ください。

費用はどれくらい?

初期費用

  • MNP転出手数料 3,000円程度 (現在利用しているキャリアへの手数料)
  • 初期費用 3,000円 (キャンペーン中は1円)
  • SIMカード発行手数料 税抜406円
  • 端末代 (一括購入した場合)

月額料金

ミニマムスタートプランの場合

  • 基本料金1,600円税抜1,000円 (キャンペーン中は600円割引)
  • 端末を分割払いした場合の分割料金 (24回払)
  • 通話定額などのオプション代

 

6ヶ月間利用したときのイメージ

キャンペーン外

初期費用 3,000円 + SIM発行 406円 + 月額 1,600円 x 6ヶ月 = 13,006円

キャンペーン中

初期費用   1円 + SIM発行 406円 + 月額 1,000円 x 6ヶ月 = 6,406円

6ヶ月間は、料金は半額で、データ量2倍使うことが出来ます!

この基本料金に通話定額オプションを付けても、かなり安く抑えることが出来ますね。

ドコモとの比較

ドコモで同様のプランを利用した場合の料金 (料金シミュレーション)

 シンプルプラン(スマホ) (2年間の定期契約あり)1,058円/月
ベーシックパック(~3GBまで)4,320円/月
インターネット接続サービス324円/月
合計5,702円/月

5,702 x 6ヶ月= 34,212円 (税抜31,677円)

同じようなプランなのにMVNOと比べるとかなりの差がありますね。

料金の差がわかったところでIIJmioに申し込みの準備をしてみましょう。

MNP予約番号を取得

別の回線業者へ移行するときには、「MNP予約番号」というものが必要です。

電話番号が変わってもいい場合は必要ありません。

たいていは、通信キャリアの会員サイトからMNP予約番号を発行できます。 スマートフォンからは使えない場合があるので、PCのサイトを開いてください。

すでに他のMVNOを利用している場合は会員ページの中にMNP予約番号発行するページがあると思います。

ドコモ

MyDoCoMo」、「ログイン」

ソフトバンク

My Softbank」、「各種変更手続き」、「MNP予約関連手続き」

au

My au」、「申し込む/変更する」、「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)」

もちろん、近くの携帯電話ショップでMNP予約番号を取得できます。

契約者の名義が本人ではない場合は、名義変更手続きが必要となる場合がありますのでご注意ください。

違約金9,500円程度 更新期間以外での解約

分割支払金残額一括 スマホを分割支払い中で、残額が残っている場合

MNP転出手数料3,000円程度

MNP予約番号には15日間の期限がありますので早めに移転先のMVNOに申し込みをしましょう。

IIJmioに申し込み

転入の際に必要なもの

本人名義のクレジットカード
支払いはクレジットカードのみです。

本人確認書類
運転免許証、被保険者証など

メールアドレス
連絡先のメールアドレスとして、@docomo.ne.jpなどのキャリアのメールアドレスは使えないので、それ以外のGmailやYahooなどのメールアドレスが必要です。

MNP予約番号
7日以上有効期限があるもの

以上が手元に準備できたら、申込み可能です。

Webサイト上から申し込みできます。

 

お申し込み方法の選択

IIJmioのキャンペーンのページに飛ぶので、「ご購入・お申込みはこちら」をクリック

新規申し込みなので、左の「mio会員登録・申し込み」を選んで下さい。

「お申し込みの前に」と「個人情報の扱いの内容」を読んで、ページの真ん中にあるチェックをしてから「次へ」を選択します。

 

パッケージをお持ちでない方」を選択

紹介コード」:206 0869 8773 3349

このコードを入力していただくことで、あなたのデータ容量が2ヶ月間 10%増量します!私にも特典が適用されるので両方お得になります。ぜひご利用ください。

ミニマムスタートプランであれば2ヶ月間

6GB (キャンペーン中) → 6.6GB

になります。

端末を選ぶ

端末を新規にIIJmioで購入して利用する場合は「端末を同時購入」を選択してお好きな端末、オプションを選択してください。一括払いと、24回払いを選択できます。

すでに利用可能なスマホを持っている場合は「SIMのみ購入」を選択します。

回線を選ぶ

 

2種の回線から選ぶことが出来ます。

タイプD」ドコモ回線

タイプA」au 回線

から選べます。

以前ドコモを利用していた方であれば、「タイプD

auを利用していた方は「タイプA

ソフトバンクの方は「タイプD」を選びましょう。

SIMフリーの端末であればどちらでも使えると思います。au端末を利用する場合はSIMロック解除が必要なことに注意してください。

  • mioモバイル タイプDをご利用の場合
    • SIMフリーの端末や、NTTドコモの端末は、SIMロックの解除は必要ありません。 * NTTドコモ以外の端末をご利用の場合は、SIMロックの解除が可能であることも含め、利用可否を事前に提供元へご確認ください。 * タイプDをご利用の場合、auの端末では利用できません
  • mioモバイル タイプAをご利用の場合
    • VoLTE対応のSIMフリーの端末は、SIMロックの解除は必要ありません。
    • auのVoLTE端末は、SIMロックの解除が必要です。 * VoLTE対応のSIMフリーの端末や、auのVoLTE端末をご利用の場合は、SIMロックの解除が可能であることも含め、利用可否を事前に提供元へご確認ください。

SIMカードの機能を選ぶ

 

電話付きにするため、「音声通話機能付きSIM」を選びます。

通話定額オプション

利用状況に応じて通話定額オプションを選んでください。

契約後に変更することも可能です。

音声通話機能付きSIMカードについて、新規申し込みかMNPか選択してください

MNP転入」を選択

SIMカードのサイズを選ぶ

機種によるので使用する機種のSIMカードのサイズを選びます。

最近の機種であれば「nanoSIM」でOKです。

プランを選ぶ

お好きなプランを選んでください。

まずはミニマムスタートプランで試してから、足りないようであれば、別のプランに変更するのがおすすめです。

ここではまだキャンペーンの容量ではなく標準のデータ容量が表示されています。

大容量オプション

ここでは「追加しない」でOKです。容量に不足を感じたらあとで追加できます。

追加オプションを選ぶ

あとからでも追加できるので気になるもの以外はチェックをオフでかまいません。

基本情報登録

契約者の情報を入力していきます。

登録メールアドレス、認証コード

登録メールアドレスは、現在使っているものでかまいません。

認証コードをメール送信」をクリックすると、そのメールアドレスに4桁の認証コードが届くので、「認証コード」欄に入力します。届かない場合は、スパムフォルダに入っている場合があるのでチェックしてみてください。

mioパスワードの設定

任意の6桁以上、20文字以内のパスワードを設定します。

クレジットカード情報

お使いのクレジットカード情報を入力します。デビットカードは利用できないようです。

JCB・VISA・DC・UC・UFJ・アメリカンエキスプレス・マスター・ダイナース・SAISON・イオンクレジット

本人確認書類のアップロード

本人確認手続きについて

本人確認書類として使えるものは以下です。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 特別永住証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 個人番号カード
  • 被保険者証 (国民健康保険 / 健康保険)
  • 在留カードまたは外国人登録書
  • 運転経歴証明書
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 外務省の発行する「身分証明書」

療育手帳、運転経歴証明書 については本人確認補助書類が必要となります。

本人確認補助書類

住民票(発行から3ヶ月以内のもの)

公共料金金領収書 (発行から3ヶ月以内で住所の記載のあるもの)

書類の撮影、アップロード

スマートフォンやデジカメで撮影してアップロードします。 ファイルはJPGしか利用できないので注意してください。

MNP転入について

MNP予約番号の入力をします。有効期限が7日以上あるか確認してください。

電話番号の名義人 該当の電話番号 MNP予約番号 MNP予約番号の有効期限

をそれぞれ入力し、「契約者本人」にして「次へ」

登録完了

あとは、契約内容を確認して不備がないかを確認したら、「この内容で、申し込む」を押すと、手続きが完了します。

内容に不備がなければ3、4日後にIIJから「[IIJmio] 発送のお知らせ」メールと、SIMカードが入った書類が届きます。

IIJからSIMが届いたら

SIMが入った書類が届くので開けます。様々なキャンペーンの書類と一緒に

ピンクの丸いIIJmioのSIMが入った丸いケースがあるので中のカードを取り出しましょう。

自分の携帯電話番号ともう一つバーコードがあり、端にSIMカードがくっついています。

まずは、SIMを触る前に、MNPの開通手続きをする必要があります。

IIJオンデマンド開通センター 0120-711-122

上記のフリーダイアルにいままで使っていたSIMの入った電話から電話をかけてください。

音声ガイダンスが流れますので、それに沿って「2」を押した後、使用している「電話番号」と、送られてきた白いカードの下のバーコードの「SIMカードのICCIDの下4桁」を入力してください。

確認ができると通話が終了します。

SIMを取り出して、新しいSIMを入れる

今まで使用していたSIMカードを取り出します。 iPhoneであれば専用のピンか、クリップのような細いもので穴に突き刺すとスロットが出てきますので、SIMカードを入れ替えます。

APNを登録する

そのままでは通信できないので「APN」を設定します。

iPhone

ピンクの丸いケースの内側の左面にQRコードが2つあると思います。

iPhoneを利用している場合は、この下のQRコードをカメラで読み取ってsafariでURLを開きます。(WiFi接続している前提です)

IIJmioのプロファイルをインストールしますが、以前使っていたプロファイルを削除するようメッセージが出た場合は、iPhoneの「設定」、「一般」、「プロファイル」から以前のプロファイルを削除してください。

IIJmioのプロファイルをインストール後、しばらく経つと電波を掴むようになり、インターネットを利用することができるようになります。(私の場合は開通まで30分程度かかりました。)

Android

Androidは専用のプロファイルがないので手動でAPNを入力します。

機種によって項目名が変わるかと思いますが、「設定」、「もっと見る」、

「モバイルネットワーク」、「アクセスポイント名」を開いてください。

一覧に「IIJmio」がある場合はそれを選択すればOKです。

ない場合は、「+」でアクセスポイントを追加して、

「名前」:任意
「APN」:iijmio.jp
「ユーザー名」:[email protected]
「パスワード」:iij
「認証タイプ」:PAP または CHAP

を入力後、保存してこの設定を選択します。

以上で、開通までの設定が終わりました。おつかれさまでした。

あとは、個別のアプリの使い方です。

みおふぉんダイアル

このアプリを利用することで、定額プラン以外では通話料金が半額になります。 また、通話定額を利用するときは、このアプリを利用する必要があります。

使い方は簡単で、アプリをダウンロードしたら普通の電話帳アプリのように使うだけです。自動で 電話番号の先頭に0037691をつけてくれます。 他のアプリを使いたい場合は、プレフィックを付けられる電話帳アプリをお探しください。

フリーダイヤル、110番など3桁の電話番号へはかけられません。 その場合は、通常の電話帳を使ってください。

通常:20円(税抜)/30秒

みおふぉんダイヤル: 10円(税抜)/30秒

みおぽん

IIJ クーポンスイッチアプリです。 データ通信量の残量と、低速 200kbps と高速通信への切り替えができます。

高速通信が必要ない場合、スイッチをオフにしておくとデータ容量の節約になり、翌月への繰越もできるので有効に活用しましょう。

さいごに

私の楽天モバイルからIIJmioに移行した感想。

200kbps固定の回線から高速通信もできる回線に移行したので、速度面でストレスを感じることはなくなりました。料金については楽天モバイルも安かったのでほとんど変わりません。回線の安定度もどちらが優れているというのもなく、お昼や帰宅時あたりの混む時間帯はどちらも遅くなります。MVNOからMVNOへの移行は好みのようなものなので、満足度などは大きく変わらないです。

しかし、3大キャリアを利用している時と比べるとかなりの料金の差になっているのは事実です。

移行前 月10,000円 x 60ヶ月 = 600,000
MVNO 月 2,000 x 60ヶ月 = 120,000

料金プランが一定でないので単純比較はできませんが、私は約5年間MVNOを使用しているので数十万円分の差額になっています。

これは、どこのMVNO (格安SIM)に移行しても恩恵を受けられると思います。私はIIJmioが長く続いているサービスだということ、そして以前使っていたときの安定感からIIJmioに戻ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です