口に入れたら止まらない イチゴ丸ごと浸けたホワイトチョコレート【フリーズドライ】

fukumi アイキャッチ

 

フリーズドライさせたイチゴに、濃厚なホワイトチョコが染み込んだ Fukumi (福味) を食べてみました。

イチゴを丸ごと使っているので、イチゴ本来の酸味とホワイトチョコの甘さがうまく混じり合い、口に入れるとぜいたくな気分を味わえます。

フリーズドライ
生のイチゴを低温で急速に凍結乾燥させて水分を抜いた後に、独自の製法でホワイトチョコをイチゴに浸透させています。

イチゴ × ホワイトチョコレート Fukumi

  • スタンドパック(50g)
  • ギフトBOX (85g)

2つのタイプが販売されています。

50gスタンドパック
袋タイプのスタンドパック 50g

手軽に食べられるサイズ

ギフトbox
箱に入ったBOXタイプ 85g

プレゼントにぴったり

 

こちらの製品は期間限定の fukumi のギフトBOXです。

Fukumi ギフトBOX 正面fukumi箱
箱の裏fukumi箱裏

箱を開けて、袋の中にフリーズドライのイチゴが入っています。

fukumi 箱を開封

イチゴは12〜13粒くらい入っていました。

fukumiの内容量

 

ホワイトチョコレートがうっすらと表面に浮いているのが分かります。
イチゴのタネもそのままフリーズドライされていますね。

fukumi イチゴの表面

イチゴには乾燥時についたと思われる網目のようなものが見えます。一個のサイズはこんな感じです。

fukumi 大きさ

縦半分に切ってみました。画像では分かりにくいですがイチゴの中までしっかりホワイトチョコが染みています。

fukumi 半分に割ってみる

30秒〜1分くらい電子レンジで温めたところ、ホワイトチョコがジュワッと少し溶け出してひと味違った味わいを楽しめました。ホワイトチョコがより濃厚に感じます。

温めすぎると固くなってしまうので注意が必要ですが、個人的に好きな食べ方です。

fukumi 電子レンジで温めた
fukumi フォークで頂く

こだわりがつまった上質なホワイトチョコレート

こだわりポイント
  • ベルギー産ホワイトチョコレート12%使用
  • 中までしっかり染み込んだホワイトチョコレート
  • イチゴのサクッとした食感とチョコのなめらかな口溶け

イチゴの周りだけをコーティングしたものではなく、中までしっかりホワイトチョコが染み込んでいます

フリーズドライ食品というと、宇宙食でよくあるようなボソボソとした食感をイメージしたのですがイチゴの真ん中までしっとりとした食感です。歯を入れるとサクッとして、徐々に口の中で溶け始めるとなめらかな口触りに変わっていきます。

イチゴ本来の酸味とホワイトチョコレートの甘みがケンカすることなく絶妙な味わいでした。後味もすっきりしています。

普通のチョコと同じように、パサパサしていないしっとりとした食感なので、水分を取らなくてもどんどん食べることができます。

販売している会社について

えびせん家族本店

えびせん家族 (スギ製菓株式会社)

愛知県碧南へきなん市に本店を置いている海産物を原料とした菓子製造販売会社です。えびせん、たこせんなどの製造技術を生かしてこのフリーズドライのイチゴチョコレートも作られています。

個人的にはおつまみのたこせんがおすすめです。ビールが進んで困ります。

いろいろなせんべいが詰まった舟盛り10袋もあります。

fukumi 購入方法

えびせん家族 (販売サイト)へ

ギフトBOXを購入すると無料で手提げ袋をつけることができます。

 

会員登録せずに購入することもできます。会員登録すると100円購入ごとにポイントが貯まるのでお得です。

支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ後払い
  • 代金引換

10,800円以上の場合(一部地域を除く)は送料無料です。

賞味期限は90日なので、プレゼント用やストック用にまとめて購入したほうがよさそうですね。

まとめ

私はふだん甘いものをあまり食べないのですが、ホワイトチョコだけは好きで目の前にあったら口に入れてしまいます。

イチゴが好きな人はもちろんチョコが好きな人にはおすすめです。

バレンタインデーやホワイトデーなどの贈り物はもちろん、自分へのごほうびにいかがでしょうか。ついつい食べすぎてしまうので注意してください。

ギフトBOX(85g)は期間限定なので購入はお早めにどうぞ。

イチゴ × ホワイトチョコ

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です