ビットコインウォレット bitbox2 ベータ版 を使ってみた

仮想通貨・暗号資産であるビットコインは2019年現在下火にはなっていますが、幸い資産としての価値は失われていません。

ビットコインはアリペイ・PayPayなどに代表される電子マネーとは違って日本円を直接入金することはできません。

一度ビットコインの取引所で購入したコインをウォレットとよばれるアドレスに送信することで、自分専用の財布に保存することができるようになるのです。

ウォレットには 物理的な機器を必要とするハードウェアウォレットと、スマホ・パソコン上のソフトで動作するソフトウェアウォレットがあります。

以前 Digitalbitbox というハードウォレットを紹介したのですが、この開発会社がベータ版のテスターを募集していたので応募したところ当選したので BitBox2 のベータ版を使ってみました。※開発版なので製品版とは仕様が異なる可能性があります。

仮想通貨資産を Digital BitBox で守ろう 格安のハードウェアウォレット

ハードウォレットとソフトウェアウォレット

ハードウェアウォレット
  • コインの送信にはハードウェアウォレットの接続が必須なので手間
  • インターネットから隔離して保存されるので安全
  • 保管向き
ソフトウェアウォレット
  • スマホ上から送受信が可能なので手軽
  • ハッキングのリスクが少なからずある
  • 日常のやり取り向き

BitBox とは?

BitBox はスイスの会社 Shift Cryptsecurity が販売しているハードウェアウォレットです。

以前は Digitalbitboxという名前でしたが BitBox に変わったようです。以前の製品がBitobx01 、今回の製品がBitBox02です。

BitBox 01 (上( と BitBox 02 (下)

対応コイン

  • ビットコイン (BTC)
  • ライトコイン (LTC)
  • イーサリアム (ETH)
Digitalbitbox 2の特徴
  • OLED 液晶画面搭載・タッチボタンで操作
  • USB-C 対応
  • 専用アプリ
  • フェイクウォレット

BitBox02 の開封

スイスからFedex で送られてきました。メールで事前に通知があったのですが英語のメールだったので迷惑メールだと思って無視していたので気づきませんでした。

少し潰れていましたが、BitBoxの箱が入っていました。Beta version と書いてあります。

箱の裏側です。

製品とは関係ありませんが、「この製品はお金をとってない試用版だから関税とらないでください」と税関向けのメッセージが添えられていました。

ケースから出してみました。

フタをバカッと開けると製品が入っています。

  • BitBox 02
  • MicroSDカード 8GB
  • USB-C 延長ケーブル
  • USB-C USB-A 変換コネクタ
  • ストラップ
  • マニュアル

あまり見かけることのない、USB-C 延長ケーブルです。

パソコンがUSB-C に対応していない場合は本体のUSB-C 端子 に接続して、パソコン側のUSB-A 端子につなぎます。

MicroSDカード 8GB が同梱されていました。こちらにバックアップデータが保存されます。

本体の上部です。保護シールが貼ってありますがこちらにディスプレイになっています。

USB-C端子には保護キャップがかぶっています。

本体の下側です。特に何も表示されません。

SDカードをこんなふうに挿します。バネ式になっているので取り外すときには一回押してからです。やや取り出しにくい印象を受けました。

ストラップホールがついているので、必要あれば付属のストラップをつけられます。

USB-C に対応していないパソコンにはUSB-A 変換コネクタが使えます。

BitBox 02 を使ってみよう

今回はMacbook Pro を使っています。

BitBox 専用アプリをダウンロード

Ledget nano や TREZOR とは違い、専用のアプリを利用するのでダウンロードします。

Windows、Mac、Linux で利用可能です。

ZIPを展開
アプリをクリックして開く
メッセージが出ますが「開く」

BitBox を接続

BitBoxの液晶フィルムを外してパソコンにつなぎます。

すると液晶に 「Tap this side」と表示されるので下側を指でタッチしましょう。

BitBox アプリを開いてくださいとメッセージが出るので、パソコンのソフトを開きます。

パソコンのアプリにペアリングコードが表示されるのでこの文字列をコピーしてどこかにメモしておきましょう。

同じコードがBitBox にも表示されます。メモしたら、✓マークの下を指でタッチするとペアリングが完了します。

ペアリングが終了すると、BitBox を初期化するか聞かれるので「ウォレットを作成」をクリックします。

適当な機器名を設定しておきます。

日時を尋ねられたら✓マークタッチで決定しておきます。

パスワードを設定

次回からBitBox を使うときにパスワードが必要になります。そのパスワードを設定していきます。

最初はとまどうと思いますが、本体上をタッチして文字種類 (a-z、A-Z、0-9)を変更して、下側を指でスライドすると文字を変更できます。左上タッチで一文字戻ります。

一文字決めたら下をタッチして確定していき好きなパスワードを設定したら、親指と中指で本体をつまむようにして長押ししましょう (本体右上と右下同時押し)。

BitBox アプリでウォレットの設定

アプリを開いた際にアップデート可能の表示が出たら、クリックしてファームウェアをアップデートしましょう。

左下の設定アイコンから日本語表示も可能です。

表示通貨を日本円 JPY にしておくとよいでしょう。

ビットコインをBitBox に送ってみよう

左のメニューから「Bitcoin」を選択して、ビットコインのウォレットを開きます。

まだ 0BTC で残高はないので、「受信」ボタンを押してウォレットアドレスを表示させます。

他のアプリやサービスからビットコインを送信

今回は bitpayというソフトウェアウォレットを使って BitBox へ送信してみました。

BitPay – Secure Bitcoin Wallet

BitPay – Secure Bitcoin Wallet

BitPay, Inc.無料posted withアプリーチ

下の「送信」タブをタッチしてさきほどのウォレットアドレスをペーストします。

あとは、金額と手数料を指定して送信すればOKです。

手数料 (miner fee)は超節約にすると送金までに時間がかかりますが費用を抑えることができます。

BitBox アプリを開いてウォレットをチェックします。

ペンディング (保留) になっているので承認までもう少し時間がかかります。

超節約で送ったため、18時間後に着金を確認しました。

バックアップ・SDカードの中身

ウォレットを作成後はMicroSDカードを本体から取り外して使用できます。

ウォレット情報をMicroSDカードをバックアップしておいて復元することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です