仮想通貨資産を Digital BitBox で守ろう 格安のハードウェアウォレット

仮想通貨の保管方法

相場の上下はさておき、仮想通貨(暗号通貨)の所持が一般的になってきているのではないでしょうか。

仮想通貨(暗号通貨)で最大の懸念は資産が失われることですね。
投資以外の部分で資産が0になることは考えたくもありません。
自分の資産は自分で守りましょう。

まず、資産を一ヶ所に集中させることは好ましくありません。
消失リスクを分散させるために利用頻度に分けて数カ所に分散するのが 望ましいと思います。

ハードウォレットは高いもので1万円以上しますが、 初期経費だと思ってケチらず用意したいところです。

イメージしやすくすると、仮想通貨を取引所に預けるのが、現金を銀行に預けるのと同じだとしたら、ハードウェアウォレットは自宅の金庫で現金を管理するようなものです。

必要な分だけ金庫(ハードウェアウォレット)から財布(スマホなどのウォレット)に入れて使いましょう。

現状として璧な仮想通貨の保管方法はありません

ブロックチェーンを改ざんすることは難しいと言われていますが、 過去の不正送金事件などのように取引所に置いておくことは賢明とは言えない状況です。

自分のミスで資産を消失させてしまうセルフゴックスにも注意ですね。

仮想通貨の管理方法は大きく分けて以下の通り

ホットウォレット (オンライン)
A. 取引所のウォレット
B. PCのデスクトップウォレット、スマホのモバイルウォレット

コールドウォレット (オフライン)
C. ハードウェアウォレット
D. ペーパーウォレット

ホットウォレットとコールドウォレットの最大の違いは
インターネットに接続しているかどうかです。


ただ、ネットにつながっているかどうかはあいまいな気がしますし、
ホットウォレットとコールドウォレットの違いはぱっと見分かりにくいので

ホットウォレット = ウェブウォレット
ネット上のサービスが資産管理

コールドウォレット =ローカルウォレット
自分自身で資産管理

という分類にしてみます。

ウェブウォレット
各取引所のウォレット
ウェブウォレットサービス(Blockchain.info)など

ローカルウォレット
クライアント(利用者)自身が管理するウォレット
デスクトップウォレット、モバイルウォレット(非取引所系)
ハードウェアウォレット、ペーパーウォレット
MyEtherWalletなども含む

使いやすい保管方法はこんな感じがいいのかなと思います。

日常的に使う PC、スマホのウォレット
保管(メイン) ハードウォレット
保管(サブ) ハードウォレット
取引用 取引所のウォレット

 

取引する分だけハードウォレットから取引所へ送金して 取引が終了したら戻すのが理想的なイメージです。

[aside type=”normal”]もちろん草コインと呼ばれるようなマイナーコインなどはほとんど対応していないので、
取引所に保管するか、対応したPCのデスクトップアプリで管理します。[/aside]

安全性

ペーパーウォレット > ハードウェアウォレット >
デスクトップ(モバイル)ウォレット > 取引所のウォレット

セルフゴックスという自分自身のミスによって資産を失うケースもあります。
最初に送金する場合は少額でテストするのが基本です。

覚えておくべきはこれだけ

今すぐ使わない分はローカルウォレット

通貨としての支払いや、取引に使う分だけをホットウォレットへ 取引が終了したらローカルウォレットへ戻す。

いわゆるデイトレ的な使い方には向きません。 しかしリスク回避のため取引終了のたびにローカルウォレット戻します。
アドレス間違えによるセルフゴックスには注意です。

秘密鍵を誰が持っているのか

ローカルウォレットでは利用者(あなた)自身で資産を管理します。

一方で、ウェブウォレットはサイトの管理者があなた(利用者)の資産を管理しています。

コインチェックでは利用者のNEMをその他大勢のNEMと一緒にまとめて管理していました。利用者一人の秘密鍵があろうとなかろうとまとめて送金できてしまったのです。

ローカルウォレットとウェブウォレットの最大の違いは ウォレットアドレスと秘密鍵をどこ(誰が)保有しているかです。 取引所のウォレットの場合、基本的に秘密鍵を管理も知ることもできません。

例えるならウォレットアドレスは家の住所、秘密鍵は玄関の鍵のようなものです。電話帳などで住所は公開されていますが、家の鍵までは知らない人に渡しません。

つまり、自分の家の住所と家の鍵を他人の手に渡してしまうと、誰でも泥棒することができるということです。

なので、秘密鍵は絶対に他人に知られてはいけません

基本はローカルウォレット

何度も同じことを言いますが、イメージとしては

ウェブウォレットは銀行に預けるようなもの =手元にはない

ローカルウォレットは家の金庫に保管するようなもの =手元にある

普段は金庫にいれておいて必要な分だけ取り出すのがベターです。

 

使用する分だけ ハードウェアウォレット ➜ デスクトップ、モバイルウォレット

取引したい場合 ハードウェアウォレット ➜ 取引所のウォレットへ

特に、モバイルウォレットなどには最低限の通貨があればいいと思います。 (気軽に使えるようなところがまだほとんどないので)

BitpayならPCもスマホも共有して管理できます。

ペーパーウォレット

長期保管が目的で、送金しない場合に有効な保管方法です。
送金するのは1回だけが望ましいです。
ウォレットアドレスと、秘密鍵を紙に印刷して保存します。

メリット/ デメリットはあります。
取引所のウォレットに通貨を置いておけば取引がすぐできます。
ペーパーウォレットでは一旦ホットウォレットに移動する必要があります。

他のウォレットに移す度に手数料がかかります。

しかし、取引所に自分の通貨を置いておくとどうなるかは承知の通りです。

私の場合はペーパーにするほど手付かずのまま保管しないし、移動や作り直しが面倒で試しに作ったくらいなので今回はスルーします。

ハードウェアウォレットの役割

第一にハードウォレット内に仮想通貨が保存されるわけではありません。

つまりハードウェアウォレット自体ををなくしたとしても、仮想通貨はなくなっていないため、復元可能です。

1つのウォレットに全部の通貨を入れることはしないで 仮想通貨は分散管理が基本です。

自分の財布に常に100万円入れている人はいませんよね。

それと同じく普段使わない分は銀行に預けたり金庫に入れたりするように 紛失リスクを低くしましょう。

Ledger Nano S

対応通貨が多いのが特徴です。
BTC ビットコイン
BTH ビットコインキャッシュ
BTG ビットコインゴールド
ETH イーサリアム
ETC イーサリアムクラシック
ERC20トークン
LTC ライトコイン
Dogecoin
DASH
Zcash
XRP リップル
NEO
Qtum
など

はじめに買うならこれが間違いない選択です。

Trezor

Ledger Nano Sよりも対応通貨は少ないですが、

REP
NEM
MONA モナコイン
などにも対応しています。

Digitalbitbox

 

開発から製造までスイスで行っているようです。
なんといっても価格が安いこと。これが一番の魅力です。
他が 15,000円程度で、これは9000円程度 (Amazon)です。

対応通貨
BTC Bitcoin
BTH BitcoinCash
ETH Ethereum
ETC Ethereum Classic
ERC20
MyEthereumWallet対応トークン

Litecoin (2018年3月予定)

1月31日に発売したばかりですが、2018年2月時点では少ないですね〜。

Digitalbitboxの特徴

  • ビットコインサイト公認
    DigitalBitbox – ハードウェア – ウォレットを選ぶ – ビットコイン
    ここで紹介されています。
  • Plausible Deniability機能(PD機能)
    フェイクパスワードを設定することで偽装ウォレットを作成できます。
  • MicroSDにリカバリーコードをバックアップ
    24個の単語を書き取る必要がありません。
  • 15回パスワードを間違えると本体がリセット
    バックアップがあれば復元可能
  • 2段階認証 (2FA)オプション
    スマホアプリを使って二段階認証ができます。
  • MyEtherwalletに対応
    イーサリアム(ERC20)の管理にMEWを使っています。
  • マルチシグ対応
    Bitpayなど

Ledger nano sが対応通貨も多く優れていますが、 実は仕様上、対応通貨全てを管理することはできないようです。(最大5個)

ということは、BTCやイーサリアムをDigitalboxで管理して、 Ledgerでアルトコインを管理するのも一つの方法ですね。



どこで購入する?

Amazon

私はすぐに欲しかったのでAmazonで買いました。

販売はデジタルビットボックスジャパンという代理店のようです。

スパイウェア、マルウェアの混入が怖いという方は 値段は高くなりますが、公式ホームページから買いましょう。

公式サイト

https://digitalbitbox.com/shop

送料込みで1つ78ユーロ(約10,000円)です。
ビットコインで買うことも出来ます。

メールでサポートにどこから発送されるのか聞いたところ
返信が来ました。スイスからFedexで発送するようです。

We will forward the digital bit box with our premium Agent “FedEx” from Switzerland.

こんな人におすすめ

  • 仮想通貨資産を分散したい
  • Ledger nano s やTrezorを複数買うにはちょっと高い
  • 復元フレーズの転記ミスでのセルフゴックスが怖い
  • ビットコイン、イーサリアム(トークン含む)しか持たない

このウォレットはサブウォレットにふさわしいと思います。

これから対応通貨が増えるかと思いますがまだ発展途上です。

期待しましょう!

まだ仮想通貨を持っていないのであればこちらから登録できます。通貨同様取引所も分散することでリスク回避しましょう。

モナコインやネムやZaifトークンを扱っています。

安心して使える国内大手取引所 Bitflyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界でも取引高の多い Binance

次の記事でDigitalbitboxの初期設定から送金までを行います。

Digitalbitbox 初期設定から受信送金まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です