Digitalbitbox 初期設定から受信送金まで

準備

本体はMicroUSB接続なのでWindowsであればたいてい不要ですが、
Macbookの場合、USB-Cへの変換アダプタが必要です。

本体と合わせて購入しましょう。

アダプタだけだとふとした時に荷重で折れそうな気がするので、 15cmほどケーブルの長さがあるので使いやすいです。

開梱

注文の翌日届きました。
Amazonのダンボールを開けるとこんな感じ

日本語対応の説明書と箱

箱を開くと、Digitalb bitbox とMicroSDカード(4GB)が入っています。

外観とサイズ

10円玉と比較
約 長さ4.5cm x 幅1.8cm x厚さ0.7cm

USB-C変換アダプタに装着してみました。これは半分差した状態。

セットアップ

最初に
最悪の場合、資産が失われる可能性があります。自己責任で行って下さい。
必ずバックアップを取るようにしましょう。

今回はMacbookProを使って説明していきますが、Windowsでもできることは同じです。

パソコンに接続

Macbookの場合

デスクトップアプリをダウンロード

公式サイトよりMac、Windows、Linux 環境に合わせてダウンロードします。

https://digitalbitbox.com/start

Macなら.dmgをマウント、Windowsなら.exeを開いてインストール

インストール後、アプリを開きます。

Digitalbitboxが認識されていない場合アプリを起動するとこのような表示になります。

ウォレットのパスワードを設定

初めて接続して、アプリを起動するとするとウォレットの作成が始まります。

「New wallet name」
好きなウォレット名を入力して下さい。

「Password」
大事なウォレットパスワードです。
忘れないよう、パスワードを書き留めておきます。
これはアプリの起動時、送金時に使用します。

Submitを押してウォレットを作成します。

これで自動的にウォレットが作成されました。
バックアップもMicroSDに保存されました。

できたばかりのウォレットの中は0.00BTCです。

外部からDigitalbitboxのウォレットにビットコインを送金したい場合は
このQRコードを読み込みます。

Digitalbitboxから外部へ送金する場合はここにウォレットアドレスと
量を入力します。

まだ作ったばかりで何もないウォレットですが、大事なバックアップについて見ていきます。

OPTIONSから Manage Backups…を選択

最初のウォレット作成時に自動的にバックアップが作成されています。
この 「ウォレット名-2018-xxxxx.pdf」がバックアップファイルです。

バックアップコードはSDカードへ

一旦PCから本体をはずして、
カードリーダーでMicroSDカードを読み込んでみました。
実際にやらなくてOKですが興味のある方は試して下さい。


[Digitalbitbox] フォルダ内に
Bitwallet-201x-xx-xx-xx.pdf
ウォレット名+作成日のPDFがありました。

このように中にはPDFファイルが保存されています。
バックアップが増えるとPDFファイルも増えます。

中身はPDFなのでPDFビューワなどで見ることが出来ます。
※画像はウォレット名が変わっています。

中身はこれだけです。1KBにも満たないファイルです。

ちなみPDFのファイル名を変更してもリストア可能でした。

バックアップが終了したらMicroSDカードは抜いて保管

MicroSDカードはバックアップの保存とそのリカバリ時にしか使用しません。


初期設定後は基本的に、MicroSDカードは取り外した状態で使います

失くさないようなところに保管して下さい。

性質上、バックアップのコピーをPCにとるのは好ましくないのですが、 普段使わない別のUSBメモリやSDカードなどにコピーしてもよいかと思います。

または、PDFは印刷して保管してもOKです。
パスワード管理ソフトを使っている場合は、 PDFに記載してある

  • Wallet backup コード
  • 設定したウォレットのパスワード

を保管しておきましょう。
万が一、MicroSDを紛失してもこの2つがあれば復元可能です。

詳しくはこちらで解説します。

https://tabikumo.com/digitalbitbox-recovery

バックアップからリカバリ(復元)してみる

念のためにバックアップからの復元にもトライしてみましょう。

ソフトのOPTIONSタブの「Manage Backups…」をクリック
復元したい設定を選択 Restoreを選択


選択したウォレットのパスワードを入力
※これを忘れていると復元できません


このような画面になるので
Abort (中断)
やり直したい場合は、本体に軽くタッチします。

Approve (承認)
続ける場合は 本体の先端のややへこんだ位置に指を乗せて3秒以上待ちます。 長くても10秒程度です。
スマホの指紋認証のようなイメージですが、認証ではないのでとにかくその部分を覆えばOKのようです。
どの指でも逆方向からでも大丈夫です。

これで認証されれば、復元できます!

外部ウォレット(Bitpay)からDigitalbitboxへ送金

Digitalbitboxを接続した状態でPCのDigitalboxアプリを開く

RECEIVEタブをクリック
ウォレットアドレスのQRコードを表示させておきます。

スマホのBitpayを起動
Bitpayのインストールはこちらから
https://tabikumo.com/bitpay-initial

下タブのスキャン、または送信からQRコードを読み取る

手入力で金額を入力する
右上の…を押すと全残高送金が選択できます。

今回は全残高0.002002BTC (=約2,000円)送金
手数料は0.000015BTC (約18円 送金額の0.78%)

手数料設定は通常で送りました。
高い手数料を設定すると優先的にマイニングされ、承認される時間が短くなります。

1byteあたりの手数料なのでやや分かりにくいです。

優先度 平均承認時間 手数料
緊急 20分 45satoshi
優先 20分 30satoshi
通常 30分 6satoshi
節約 1時間 5satoshi
超節約 4時間 4satohi

 

今回の場合は 標準 6satoshi x 192byte = 1152satoshi
手数料のレートは変動するので注意して下さい。

左から右へスライドして送金します。

設定しているウォレットパスワードを入力後、送金作業完了

Bitpayで設定していたメールアドレスに出金メールが届きました。

30分待つつもりでしたが、数分後にはDigitalbitboxのウォレットで確認できました。

下の欄をクリックするとBlock Explorerへ飛ばされ、トランザクションの確認ができます。 まだUnconfirmed(未承認)のようです。

ちなみに同じ情報をBLOCKCHAIN.infoでも確認することが出来ます。

今回は1時間後には4回の承認、約2時間後に6回承認されました。

ひとまず、入金を確認できました。 続いては、Digitalbitboxからビットコインを引き出す方法です。

Digitalbitboxから外部ウォレットへ送金

PCのDigitalbitboxアプリを開きます。


横長の空欄に受取先のウォレットアドレスを入力します。
PCのカメラからQRコードで読み取ることも出来ます。

今回はBitpayに送ってみました。
下の空欄には送金量をBTC抜きで入力

0.001 (BTC) 送金します。
「Standard」の部分は手数料(優先度)です。
Digitalbitboxへの送金を参考にして下さい。

「Create Transaction」をクリックすると認証画面になります。

今回の手数料は0.001BTCに対し0.00001892BTCでした。

送金を開始するには本体を3秒以上指で押さえて下さい。
送金が成功すると画面が切り替わります。

受信されたのですぐにBitpayからメールが届きました。


Bitpayのアプリを確認してみました。

しっかり0.001BTC受信できています。
真下の「toDBB」は送金時のものです。

またトランザクション追跡をしたところ
20分後には6回の承認が終了していました。

これでDigitalbitboxから外部ウォレットへは送金完了です。

初期設定とバックアップ、受信、送金ができました。
以上が基本的な使い方になります。

Digitalbitboxの良いところ改善してほしいところ

Good

  • 価格
    他製品と比較してDigitalbitboxを購入することになると思いますが、 価格面では現状で優れています。
  • バックアップを自動で行う
    バックアップコードを紙に書く必要がないので手軽

More

  • PCアプリの日本語化
    簡単な英語ですが、日本語だとさらに使いやすいですね
    読めないけどとりあえずクリックして大事な資産を失くしてしまった ということがないように
  • 対応通貨の拡充
    人気の通貨への対応 (XEM、XRPなどのメジャーなアルトコイン)
    今後、増えていく予定みたいなので期待

 

まだ仮想通貨を持っていないのであればこちらから登録できます。分散投資が基本なので取引所も数か所に分けることをおすすめします。

Zaifではモナコインやネム、Zaifトークンなどを扱っています。

安心して使える国内大手取引所 Bitflyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

世界でも取引高の多い Binance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です