クラウドファンディングで10回投資した私のKickstarterのはじめかた

キックスターター

クラウドファンディング(Crowd funding)とは、インターネットを利用して多くの人から出資金を集めることです。プロジェクト発起者は集めた出資金をもとに事業を行ったり、新しい製品を開発したりするなど用途は様々です。

Aさん) 新しいモノを作りたいけど大きなお金が必要。

 

たくさんの人) じゃあ、みんなでお金を出して支援しよう。

 

Aさん) 製品ができたから、完成品をあげるよ。

というのが基本的な流れです。

クラウドファンディングには大まかに分けて「寄付型」、「投資型」、「購入型」があります。

この記事ではプロジェクト成功時にリワード(完成品)をもらえる「購入型」をメインに紹介します。

クラウドファンディング

Kickstarter(キックスターター) はクラウドファンディングサイトです。2018年時点で、達成済みのプロジェクトは15万と実績があります。

日本でもCAMPFIREやMakuakeなどのクラウディファンディングサイトがあります。

Kickstarterはテクノロジー関係のプロジェクトが多く、新製品を試してみたいという人にぴったりです。IoT製品やカメラレンズの復古品など製品化された時よりも安く手に入るメリットがあります。

たまにサイトを眺めるだけでも面白いですよ。

プロジェクト例

私は防水360°カメラに興味があったので出資してみたのがきっかけです。

当時はまだ360°カメラは一般的でなく、日本では販売していませんでした。

THETAが同じ頃発売しましたが、期待した性能ではなかったのでKickstarterの製品を試してみることにしました。

こちらは防水型のドローンです。

https://www.kickstarter.com/projects/urbandrones/splash-drone-a-waterproof-drone-with-autonomous-fe?ref=user_menu

開発者のブログや、Kickstarter上で開発の進捗状況が見れるのも、ワクワク感があって面白いです。

クラウドファンディングのメリット

  • 新製品を人より早く試すことができる。
  • 製品版よりも安く手に入る
  • 誰かの役に立てる

デメリット

基本的なやり取りは英語になりますが、Google翻訳などを使いながらでもほとんど問題ないです。

過去に詐欺プロジェクトが発生したこともあるので、少なからずリスクがあることは確かです。サイトから見極めが難しいのが悩ましいところです。

Link Kickstarterの資金着服で家を建てたプロジェクトが発覚Gizmode

 

危なくないの?

プロジェクト目標に届かないとクレジットカード決済されません。

しかし、プロジェクト目標達成後に商品開発に失敗した場合など、開発者にもよりますが返金されない場合があります。

プロジェクトによっては途中で失敗して計画自体なくなる場合もあるようですが、私が出資した製品は全て手元に届いています。

必要なもの

  • メールアドレス
  • クレジットカード

より安く出資する

プロジェクトに早期出資(Early Bird)すると、安い出資金で製品を手にできる場合があります。

Early Birdの枠は少ないので、関係者や情報通が出資してしまう場合があり、ネットニュースなどでユーザーが知る頃にはEarly Bird枠は埋まってしまいます。

少しでも安く出資したい場合は常にサイトをチェックしたほうがよさそうです。

Kickstarterへ登録する

外国のサイトですが日本語表示に対応しています。プロジェクトの内容は英語で表記されている場合が多いです。

Link 登録Kickstarter

トップページの右上のサインインをクリックしましょう。

トップページ

あらたに登録するので、下の「サインアップ」を選びます。

名前、メールアドレス、パスワードを入力して、アカウントを作成します。

これだけで登録完了です。あとは自分の出資したいプロジェクトを探しましょう。

出資方法

よさそうなプロジェクトを見つけたらページ右にいくつか金額別に出資内容とリワードについて書いてあるので、出資金額を入力します。

金額は日本への送料を含めた金額になります。

出資

決済はクレジットカードのみです。

クレジットカードの決済画面に移りますので、カード情報を入力してください。

決済

これで出資は完了です。

 

開発が完了し、出荷段階になると開発者から住所確認のメッセージが届きます。

 

カード決済時期は?

プロジェクト終了時にファンディングが成功していた場合、クレジットカードに請求が発生します。請求日はクレジットカードによります。

ファンディング達成後

無事出資金が目標額が達成したあとは、製品が完成するまで待つだけです。

プロジェクトが完了し、製品発送間近になると「サーベイ(Survey)」というアンケートが送られてきます。メールで送られてくるので見逃さないようにしましょう。

内容は以下のようなものです。

  • 送付先の住所
  • 荷物追跡番号の送付先
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 製品のオプションの有無

日本の住所の英語表記

基本的には、日本の住所の書き方と逆に表記します。

よく分からない場合はここを参考に住所を英語に直しましょう。

Link 住所英語変換Judress
日本語での住所 (架空)

192-0001

東京都七王子市旭山町1丁目810番地 ヒルズパーク301号室

英語での住所

Hills Park #301

Asahiyama-cho, 1-810

Nanaoji-shi, TOKYO

JAPAN

電話番号

国番号の81を電話番号の頭につけて入力します。 また、090など最初の0は省略してください。

090-1234-1234 の場合はこのようになります。ハイフンの有無は自由です。

+81-90-1234-1234

実際ににあったトラブル

プロジェクトのタイムラインでは発送が始まっているのに、1ヶ月経ってもなんの連絡もなかったときに、開発者に直接メッセージを送りました。

その時はすぐに返信が来て、1週間後には無事に発送してくれました。どうやらむこうのシステムで日本の郵便番号(Postal code) にエラーが出ていたようです。

Google翻訳を利用しながら四苦八苦して連絡をしましたがこれもいい勉強です。

日本のクラウドファンディングサイト

日本語で書かれているほうが分かりやすいですし、トラブルがあったときも対応しやすいです。

Makuake

Link Makuake

見ているだけでもワクワクするような製品がたくさん掲載されています。

日本人が作っているプロジェクトがほとんどなので、気になったら出資してみてはいかがでしょうか。

Campfire

Link Campfire

地域振興や、イベントなどのプロジェクトが多いようです。

私は、友人が始めたプロジェクトを応援するために出資してみました。

クレジットカード決済などのほか、ビットコインでも出資できます。

kibidango

Link Kibidango

ユニークなアイデアのプロジェクトが数多くあります。

私は完全栄養食のCOMPに出資してみました。

プロテインのような感覚ですが、意外とこれでお腹が膨れます。

まとめ

投資というと敷居が高いように感じますが、ふつうに商品を買うのとあまり変わりがありません。私達にできるのは出資をしてプロジェクトが成功するのを見守るだけです。

忘れた頃に製品が届くこともあるんので、未来の買い物をしているんだなという気分になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です