ConoHa WING でドキュメントルートを変更【シンボリックリンク】

ドキュメントルート変更

ConoHa WINGは高性能で使いやすいレンタルサーバーですが、Webの管理画面から自分のサイトのドキュメントルートを指定することができません。

ドキュメントルートとは?
ブラウザで https://my-site.com/ を開いた時に表示されるページが置いてある、サーバー上のファイル構造のことです。サイトに表示させるためにはドキュメントルート以下にファイルを置く必要があります。

 

ConoHa WINGの場合、 ~/public_html/my-site.com がドキュメントルートです。

この記事では、レンタルサーバー ConoHa WINGを利用してドキュメントルートを変更する方法と、サブドメインで画像を呼び出す方法を紹介します。

これからConoHa WINGを導入する方はこちらからどうぞ。

ConoHa WINGを見る

圧倒的速度!

かんたんWordpress移行

ドキュメントルートを変更するとどうなるの?

ConoHa WINGはドキュメントルートが固定されているため、任意のディレクトリを指定できません。

ドキュメントルートを自分で指定することで画像などのメディアファイルをサブドメインのURLから呼び出すことができるようになります。ブログ自体のURLは変わらないため、画像だけ別ドメインから呼び出す場合に有効です。

サーバー名 tabikumo.com

ドキュメントルート ~/public_html/tabikumo.com/

 

画像を表示するときのURL

https://tabikumo.com/wp-content/uploads/2019/01/shortcake.jpg

 

サーバー名 i.tabikumo.com

ドキュメントルート ~/public_html/tabikumo.com/wp-content/uploads/

 

画像を表示するときのURL

https://i.tabikumo.com/2019/01/shortcake.jpg

サブドメインでメディアファイル(画像)などを呼び出すメリット
  • HTTP/1.1 では同一ドメインでファイルを6つまでしか同時にダウンロードできないため、サブドメインで画像を読み込むことで、サイト表示の高速化ができる。

 

参考:HTTP/2の特徴 HTTP/1.1との違いについて

 

そもそもConoHa WINGはHTTP/2に対応しているため、あまり意味はないと思われます。

 

  • 画像ファイルを直接参照された時に標準のWordPressとは異なるURL構造になるため、他とは違ったそれっぽい雰囲気を出せる (自己満足です)

 

ドキュメントルートを変更する手順

独自ドメインでWordPressを運用しているとします。

作業前には必ずバックアップを取り、自己責任の元作業を行ってください。まずはテスト環境で実行することをおすすめします。

  • ステップ1
    サブドメインを追加する
    ConoHa WING 管理画面にログイン後、サブドメインを作成します。

    Link コントロールパネルログインConoHa WING

     

    サーバー管理  ドメイン +ドメイン

    サブドメインを追加

    「保存」後、サブドメインが作成されます。

  • ステップ2
    SSHで接続してシンボリックリンクを作成

    コントロールパネルからSSHを有効にして、SSH接続をします。

    ドメイン名、ファイル構造は自分の環境のものに変更しましょう。

     

    SSH
    rm -r ~/public_html/i.tabikumo.com
    
    ln -s ~/public_html/tabikumo.com/wp-content/uploads ~/public_html/i.tabikumo.com
    解説
    サブドメインを作成すると、自動で~/public_html/にフォルダが作成されるのでこれを削除します。 (これがあるとシンボリックリンクを作成できません)

     

    その後シンボリックリンクを張ることで、本来のメディアファイルのある /uploads/ ディレクトリをサブドメインのドキュメントルートにします。

    シンボリックリンクとは、Windowsでいう「ショートカット」、Macでいうと「エイリアス」のようなものです。

  • ステップ3
    WP Original Media Pathを設定

    プラグインの WP Original Media Pathをインストールします。

    メディアファイルのディレクトリを任意のURLで呼び出すことができるようにします。

     

    「Store uploads in this folder」はデフォルトのままでOKです。

    「Full URL path to files」にはサブドメインのURLを指定してください。

    wp-original-media-path

  • ステップ3
    Search RegexでURL置換

    プラグインのSearch Regexを利用して、URLの置き換えをします。

     

    この場合は以下のように指定しました。

    Search pattern に 「https://tabikumo.com/wp-content/uploads/」

    Replace pattern に 「https://tabikumo.com/wp-content/uploads/」

    URL置換

     

    まずは「Seach」をして対象を確認した後、「Replace & Save」をします。

    これでサブドメインで画像を呼び出すことができるようになりました。

  • 完了

 

もとに戻すには?

今回の作業を逆に行っていけばOKです。プラグインのWP Original Media Pathは削除してください。

シンボリックリンクは以下のコマンドで解除できます。

SSH
unlink ~/public_html/i.tabikumo.com

この記事のまとめ

ConoHa WINGではHTTP/2.0に対応しているため、サイト表示の高速化が目的の場合はあまり効果はないと思います。WordPress感を消したい場合などにやってみると面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です