Canva でブログのアイキャッチをらくらく作成する方法

アイキャッチ

アイキャッチというのはブログのトップページなどの記事一覧で記事の見出しと一緒に表示される画像のことです。

アイキャッチ画像の一例

アイキャッチ概要

 

YouTubeのサムネイルと同じで記事の中身を分かりやすく表現した画像が使われることが多いです。

最近のブログのテーマではアイキャッチ必須のことが多いので、特にこだわりが無い限りアイキャッチを設定しておいた方がSEO的にもよいです。

 

アイキャッチを設定するメリット

  • twitterなどのSNSでシェアされたときに表示される(OGP)
  • 読者に興味をもたれやすい
  • ブログの個性を出せる

 

アイキャッチを設定するデメリット

  • 作成が面倒

 

記事ごとにアイキャッチを設定していない場合は、すべて同じ画像のデフォルトアイキャッチを表示させることができますが、記事一覧に同じ画像が並ぶのでアイキャッチを表示する意味がなくなってしまいます。

ですが、画像を作成するのは案外時間がかかるので、その労力は記事作成に向けたほうが有意義ですよね。

できるだけ時間をかけずにアイキャッチを作成していきましょう。

Canva というオンラインサービスを利用して、ブログのアイキャッチを作成します。

Canva で画像を作成してみよう

Canva でできること (他にもいろいろあります)

  • SNSのOGP画像作成
  • Facebook、Twitterのヘッダー画像
  • ロゴ作成
  • 豊富な素材から選んで画像編集

 

Canva

 

テンプレを使うと文章や背景を変更するだけであっという間に作れます。

アイキャッチ作成手順
  1. キャンバスサイズを680×390 (テーマに合わせる)
  2. テンプレートからイメージに合った配置を選択
  3. 背景を選ぶ
  4. アイコンや文字を入れる

Canva に登録

メールアドレスがあればOKです。

 

 

1. キャンバスサイズを設定

 

私が利用しているSANGO ではアイキャッチのサイズは「680 x 390」なのでこのサイズに合わせてキャンバスサイズをカスタムで設定します。

 

カスタムサイズ

 

お使いのテーマに合ったサイズを入力しましょう。

 

2. テンプレートを選択

最初は真っ白なキャンバスが表示されるので用意されたテンプレートを使ったり素材を配置して画像を作成します。

テンプレートを利用すると配置などが自動で設定されるので、文章などを入れ替えるだけなのでかんたんです。

もちろん、テンプレートを利用せず自分で背景や文章を配置することも可能なので、オリジナリティを出したい場合にテンプレを使わなくてもOKです。

テンプレート

 

3. 背景を選ぶ

無地のものや、提供されているさまざまな写真から選択します。Canvaの透かしがついているものは有料なのでメンバーになって透かしを削除するか、無料メンバーでも透かしありでそのまま使うこともできます。

背景設定

4. 文章・画像を配置

英字・日本語フォントが豊富にあるので、イメージに合ったフォントを自由に選びましょう。

フォント配置

文字のサイズや色を調整してうまく要素内に入るように調整します。

 

メモ
文章全体を削除したいときは素材を選択してバックススペースキーやDeleteキーで削除できます。

 

 

画像を保存

イメージ通りのアイキャッチが作成できたらあとは使いやすいようにPCなどにダウンロードしておきましょう。

 

パブリッシュ

右上の「パブリッシュ」>「ダウンロード」を選択します。

ダウンロードを選択

 

ファイルタイプ

 

任意の保存形式を選択して、ダウンロードをクリックするとダウンロードできます。

 

アイキャッチ

この記事のまとめ

Canva を使うようになってからアイキャッチ画像作成速度が大幅にあがりました。私はデザインセンスがないのでシンプルなものしかいままで作っていなかったのですが、それっぽい画像を作れるようになったように思います。

ブログ内のグラフや、イラスト作成にも使えるのでブログの表現の幅が広がります。

アイキャッチは作りたいけど時間はかけたくない。そんな方にCanvaはおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です