バイク用インカム選び

インカム

一人でツーリングしてる分にはいいのだけれど
後ろに誰か乗せていたり、他にライダーがいたりする場合、
走りながらでは会話ができないのが面映い。
タンデマーの居眠り防止にきっと一役買うはず。

そこでバイク用のインカムを導入してみようと思う。

大まかな用途別

タンデム
ペアライダー
マスツーリング

インカムの形態

有線
無線(アナログ電波※便宜上こう表記します)
Bluetooth

インカムの機能

音楽、携帯、ナビ音声
トランシーバ使用可
などなど

それぞれの特徴

Bluetooth系

基本的に高価。ペアだと5万円以上。
ペアリングが面倒。
ナビ、プレイヤーなど全てペアリングの必要がある。
同時に接続できない。使えるのは1つのチャンネルだけ。
音質はクリア

代表的なもの

interphone F4
B+COM 203, 213 (サインハウス)
COOLROBO (デイトナ)
MOTORCOM (CAMOS)

アナログ無線系

値段は中間。2万円程度から。
よその電波の影響を受けてノイズが混じる事がある。
他の音源は基本的に聞けない。

代表的なもの

パワーヘルメット (tanax)
ヘルメットコム2無線タイプ (tanax)

有線系

割と安価。1万円程度から買える。
コードがごちゃごちゃになる可能性があるが、他の音源と親和性が高い。
バイクを乗降時の脱着がわずらわしい。

代表的なもの

ヘルメットコム2, 3 (tanax)
タンデムトーキング 道楽だフォン (ワイズギア)
KTEL

自分にとって一番いいインカム

財布に余裕があれば最新のBluetoothインカムを買うのが間違いないと思います。
ペアリングさえしてしまえば音質もクリアに会話を楽しめますからね。
電池の持ちも向上して、iPhoneなどともBluetooth接続ができます。
B+COM213などはパソコンでアップデートできるので機能追加も可能です。

なんでも簡単に会話したいという方は有線、アナログ無線タイプを選ぶとよいと思います。
Bluetooth系に比べて安価の上、ペアリングが必要ないのですぐに使えます。

※マスツーなんかについては特定省電力やアマチュア無線を使いますが、
私が使う事はなさそうなので省略します。

個人的にはアナログ無線タイプがよいと感じました。
コストパフォーマンスもよいし、音楽なんて聞かん!といった場合にはおすすめ。

完全に主観で書いてしまいましたが
ほかにいいものがありましたら教えてください<(_ _)>

私が買ったアナログ無線タイプ、パワーヘルメットコムについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です